ブログ一覧

ズーラシアンブラス・サマー・ミュージック・フェスティバル2019 東京公演 サントリーホール

 2019年8月3日(土)、2歳になる息子と両親と一緒に、久しぶりに大きなホールで行われるコンサートへと行ってまいりました♪
場所は、東京初のクラシック音楽コンサート専用のホールとして設計されたサントリーホールで行われました。学生時代にはよく演奏会へ行っていましたが、子どもができてからは未就学児が入れるコンサートは数が少なく、なかなか足を運ぶことはありませんでした。今回は0歳から入れるコンサートということで数ヶ月前からチケットを取り、まだかまだかと楽しみにしていました(*^^*)息子も体調を崩すことなく無事に行ってくることができ一安心です。(半月前くらいにお出かけ前日に高熱を出し、今回もドキドキしていました^^;)

 やはり世界的指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンが熱心に勧めたといわれるヴィンヤード形式の大ホールの響きは格別なものでした。演奏家と聴衆が一体となった臨場感溢れる音楽を体験してほしいというサントリーホール創業時の願い通り、子どもから大人まで皆が楽しめるコンサートだったと思います。私自身も管弦楽の響きに柔らかく包み込まれながら、素敵なひとときを過ごすことができました。

 

 写真がうまく挿入できず…(T T)またPCが直りましたら載せさせていただきますね♪

 

 

2019年08月04日

Misuzu Music House教室便りNo.2

 

 長かった梅雨がようやく明けたと思ったら、毎日毎日猛暑が続きますね。皆様いかがお過ごしでしょうか?
 Misuzu Music Houseの教室の生徒さんも夏休みになり思いっきり夏を満喫しているようで、レッスンの度に真っ黒に日焼けしていくお顔を見るとこちらまで楽しい気分になってしまいます!(^^)

 

 

  

2019年08月02日

リトミックSTEP1の子どもたちとあるお約束をしたら…

 先日6月15日に書いたブログに、ピアノに興味津々のSTEP1クラスの子どもたちのことを書かせていただいたかと思います。

 この頃からレッスン中にもポロポロと弾きに来てくれたのですが、やはりレッスン中なのでけじめはつけたいなと思い、お約束をしてみることにしました。
 レッスンが始まる時には必ず座ってお辞儀をして始まります。その時に「レッスン中はピアノには触りません」と言ってレッスンを始めました。何度か弾きたい気持ちになった子がいたものの、きちんとお約束を守り、レッスン中に弾くことはありませんでした‼何度か伝えていくうちにできるようになっていければ良いなと思っていましたが、まさかすぐに効果が出るとは思ってもみませんでした(*^^*)

 STEP1は1歳児~2歳児さんのクラスで、まだお喋りができる子ばかりでないのですが、きちんと目を見てお話すれば伝わるんですね☆またひとつ生徒さんから学ばせてもらいました(^^)

2019年07月01日

リトミックSTEP2の生徒ちゃん♪

 2歳~3歳と上手にお話できるようになってきたとは言え、まだまだ幼いSTEP2クラスの生徒ちゃん♪レッスンの始まりは特に大きく流れを変えず、少しずつ新しいことを織り交ぜながら進んでいきます。 その冒頭のレッスンの中に、一定のテンポで体の部位をトントンと手で触れていく活動があります。目、耳、口、と言葉では理解出来てくる頃だと思いますが、位置関係まで把握することはまだ難しいのではないでしょうか。何度かこの活動を続けた今日のレッスン中、お母様から驚きのご報告が!生徒ちゃんがご自宅で絵を描いていたそうですが、お顔の輪郭・目・鼻・口・耳・眉毛・頬などお顔の位置関係をばっちり描き上げたそうです!これにはお母様も驚き、リトミックで日頃行っているからだろうな~とお話してくださいました(*^^*)

 リトミック的にはもちろん体の部位を覚えていくこと、そして頭から足のつま先までトントンするのでその高低感を実感し、また音の高低も変えて演奏するので音の高低との関わりも自ずと身に付いていく、更に一定のテンポでトントンしていくので音楽を学んでいくには必ず必要なテンポ感まで養うことができる、とても盛沢山な活動なんです(^^)
 なので私も教える立場ではありながら、まさか絵の方面にまで影響が出てくるとは思っていませんでした!やはりリトミックは音楽だけでなく、様々な分野に影響を及ぼす、また様々な分野の土台作りができる教育なんだと再確認できた1日でした。
 今度レッスンに来ていただいた時に実際にその絵も見せてもらおうと思います☆楽しみ楽しみ♪

2019年06月24日

リトミックS.1クラス☆

 新年度が始まり3ヶ月弱が経ちました。4月にドキドキしながら入ってくれた1歳児クラスの生徒さんたち。だいぶクラスにも慣れてきたようで、毎週たくさんの笑い声に包まれながらレッスンをしております♪

 5月6月にレッスンで撮ったお写真を載せさせていただきます(^^)

IMG_30.JPG alt="Msizu Music House リトミックS.1クラス"IMG_31.JPG="Msizu Music House リトミックS.1クラス"IMG_32.gif alt="Msizu Music House リトミックS.1クラス"

 

 ピアノに興味津々の子どもたち!レッスン中もポロンと鳴らしに来てくれるので、レッスンが終わってからピアノ演奏タイムを設けてみました♪はじめは恐る恐る押していた子も、だんだん音を自分で鳴らす楽しさに気づいた様子で、皆さん思い思いに鍵盤を押していました!後ろ姿がなんとも可愛いほっこりとするお写真ですね(*^^*)

 下の2枚は新聞紙でたくさん遊んだお写真です☆今では電子で読める新聞が普及し、なかなかご自宅で新聞紙を見る機会がなくなってしまったかと思います。S.1クラスの生徒様も新聞は取っていないご家庭が多く、初めて触るお子様もいらっしゃいました。

 はじめは、くしゃ!や、パンッ!と両手で紙を引っ張ったりして新聞紙独特の音を楽しみました。丸めてボールのようにしたり、くしゃくしゃになった新聞紙を踏んでみたりと、音だけでなく手で丸める感触や足で踏む感触も楽しむことができました。次はおててを上手に使ってビリビリタイム!ただ破くだけでなく、手首を使うこの動作はこの時期のお子様にとても良い課題なんです(^^)最後は音楽に合わせて集めて集めてせーの!ふわ~!と紙を舞わせ、そのヒラヒラと舞う様子をじっくり見たり、集めて舞い上げる動作を楽しんだりと盛りだくさんの活動でした♪

 

 

2019年06月15日

Msizu Music House初めての教室お手紙を作りました(*^^*)

image47.png alt="Msizu Music House教室便り"

 

 6月に入り2019年上半期も残りわずかとなりましたね。Misuzu Music Houseでは様々なことが決まりました!その決まったことを中心に教室便り第1弾を出すことにしました(^^)

 2016年から教室を始めましたが、始めた頃からずっと出したいなと考えておりました教室便り。どんな内容が良いかなどを考えていながらなかなかまとまらず、年月ばかり経ってしまいましたがついに出すことが出来ました!これからも不定期ですが教室で起こった事、決まった事、生徒様の頑張っている姿などをお伝えしていきたいと思っております☆

 HPでも随時お知らせ致しますのでどうぞお楽しみに(*^^*)

2019年06月01日

リトミック体験レッスン♪

 4月になり皆さん新しい学年となりましたね(*^^*)
新しく保育園や幼稚園に入る方、小学生中学生になる方、そしてひとつ上の学年となる方…皆さんよりお兄さんお姉さんになる気持ちが芽生える時期ではないでしょうか?

 

 さて、リトミック・ピアノ共に新年度が始まりました!年度末にレッスン曜日と時間のアンケートを取り、4月より新しいレッスン時間割となりました。今までと違う時間や曜日に来るだけでも新鮮な気持ちになるかと思います(^^)

 【リトミック体験レッスン曜日・時間】

STEP1…月曜日 11:00~11:50 ※現在このお時間は定員です。お問い合わせください(^^)

STEP2…月曜日 10:00~10:50

STEP3…火曜日 15:20~16:10

STEP4…土曜日 10:00~10:50

STEP5…火曜日 16:10~17:00

 

 リトミッククラスには定員もありますのでお問い合わせくださいね♪

 

 【ピアノ体験レッスン曜日・時間】

ピアノレッスンは月・火・木・金・土曜日で行っておりますが、今現在で火・木・土曜日は定員とさせていただきます。月曜日は~16:00、金曜日は~15:30のお時間が空いております。どうぞお気軽にお問い合わせください(*^^*)

2019年04月22日

第3回みんなのコンサート♪

 だいぶ春らしい暖かい気候になりましたね。

 第3回みんなのコンサートから約1ヶ月が経ちました。このところずっとパソコンの調子が悪く、1ヶ月ほどパソコンをお預けして専門の方に見てもらっており、やっと!今日戻ってきましたので書けなかった記事をたくさん書いていこうと思います(^^)

image28.JPG alt="第3回みんなのコンサート"

 

 まずは無事に終了しました第3回みんなのコンサート♪
リトミッククラスから始まりピアノソロ・ピアノ連弾と長丁場となりましたが、生徒の皆さんは本当によく頑張りました!

 また次回に向けて頑張りましょうね(*^^*)

 

2019年04月16日

第1回プレリトミック、たくさんの方々にお越しいただきました!

 昨日行われましたプレリトミックの第1回目のレッスン♪お知らせをしてから当日まであまり日にちがなかったにも関わらず、6組のお母様とお子様にお越しいただきました!
 生のグランドピアノの音に合わせて体を動かしたり、干支に関する絵本を読み聴かせしたり…活動してる時は元気いっぱい!笑い声たくさん!でしたが、お話を聴いている時は集中してじっと見つめる子どもたち。最後はコマ回しをママに手伝ってもらいながら楽しく終えることが出来ました。

 プレリトミックは来年度STEP1のお子様を対象としておりますので、2017年4月2日~2018年4月1日生まれのお子様にお越し頂けます(*^^*)
 もし、2018年4月2日以降にお生まれのお子様でリトミックにご興味がございましたら、お気軽にご相談くださいね♪
 生まれてから様々なことを物凄い勢いで学び・吸収していく子どもたち。脳は第一次認知革命とよばれる生後10か月~3歳、第二認知革命といわれるのが5歳半頃から、第三次認知革命は9歳~10歳の時期に始まるそうです。このように幼児期の脳は大きく分けて3回に渡り成長していきますが、中でも幼児期には5歳までの期間が大変重要となっていきます。この時期は頭の中で様々なものを想像しイメージしています。頭の中で想像したものを身体を使って表現したり言葉や形にすることで創造していくことができたら、子どもの脳は刺激を受け、どんどん成長していくことができます。ただし頭の中で想像しイメージできたとしても、表現することが出来なければ消えてしまうのだそうです。
 リトミックはまだ言葉をうまく話せないお子様でも、イメージしたものを体いっぱい全身を使って表現していきます。そして聴覚・視覚・触覚を使い様々な角度から脳を刺激していくことができます。
 お子様にとって幼児期の習い事はまだ早いとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、スキャモンの発達・発育曲線とよばれるグラフを見ると、脳の発達は3歳ごろまで急速に成長し、6歳頃を境に緩やかになっていきます。ここまでで大人の脳の9割が完成するそうです。
 少しでも気になる方、ご興味のある方は是非お気軽にご連絡くださいね(*^^*)♪

2019年01月25日

第14回東関東学生ピアノコンクール 本選が終わりました♪

 12月17日東関東学生ピアノコンクールの本選がつくばのノバホールで行われました。予選を金賞で通過したCちゃんはこの本選に出場しました。
 本選が始まってすぐの出番でしたが、落ち着いてミスもなく、レッスンでの注意を忘れず、いつも通り演奏できたそうです!そしてなんと結果は優秀賞をいただくことが出来ました!!!
 どんな世界でもそうだと思いますが、本番で力を発揮する為には並々ならぬ努力と練習を重ねて備え、その上でアドレナリンの出ている自分自身をうまくコントロールし、高揚しつつも平常心で臨むことが必要とされると思います。
 東関東学生ピアノコンクールは年齢で区切るコンクールではないので、様々な年齢の子どもたちが出場します。小学1年生のCちゃんは周りの子たちより一際小さな体でそのようなことを成し遂げたと思うと、感極まるものがあります。

IMG_0721.PG alt="第14回東関東学生ピアノコンクール本選"IMG_0720.JPG alt="第14回東関東学生ピアノコンクール本選"

 ドレスは今回の本選に合わせて選んだそうです。爽やかな黄緑色でとってもお似合いです(^^)
 初めてにして2つのコンクールに出場したCちゃん。思うようにいかないこともありましたが、その分たくさん得るものがありとても成長できた1年になったと思います!お疲れ様でした(*^^*)

2018年12月27日

リトミック☆クリスマスレッスン☆

 リトミックSTEP2クラス
 ママとおばあちゃんと一緒に(^^)
 スカーフを使ったレッスンの後、クリスマスツリーに飾り付けをしてもらいました☆各々こだわりがあっておもしろい作品になりました。 

IMG_3.gif alt="リトミッククラス クリスマスレッスン"IMG_0195.gif alt="リトミッククラス クリスマスレッスン"

 


 リトミックSTEP1クラス
 ママと一緒に(^^)
 りんごはここにしようか、丸の色は何色かな、お星さまは1番高いところに置こう☆などお話をしながら飾り付けてくれました♪

IMG_5.gif alt="リトミッククラス クリスマスレッスン"IMG_0199.gif alt="リトミッククラス クリスマスレッスン"

 


 リトミックSTEP3クラス
 今まではお父さんお母さんと一緒にリトミックをしてきましたが、年明け1月からは子どもたちだけのレッスンとなっていきます。STEP1,STEP2から通ってくれている2人…。こんなに大きく成長してくれたんだと思うと本当に嬉しいです(*^^*)
 みんなのコンサートでは初めて子どもたちだけでの舞台となります!ドキドキですが今から楽しみですね♪

IMG_0108.gif alt="リトミッククラス クリスマスレッスン"


2018年12月18日

第12回ベーテン音楽コンクール♪全国大会が行われました!

1542967641613.jpg alt=べーテン音楽コンクール全国大会"

 第12回べーテン音楽コンクールの全国大会が2018年11月23日(金)東京都の小岩アーバンプラザにて行われました。
 Cちゃんは普段間違えないようなところでミスしてしまい、本人にとっては悔しい結果となってしまいましたが、最後は笑顔でお写真を撮って送ってくださいました。
 12月にもコンクール本番があり、3月にはみんなのコンサートや入賞者記念コンサートが銀座ヤマハホールでも行われます。益々の成長を楽しみにしていきたいと思います(^^)お疲れ様でした!

2018年11月24日

リトミックレッスン♪ハロウィン

 ピアノの生徒さんたちはおさらい会で仮装をしてもらいましたが、リトミックの生徒さん達にはレッスンで仮装をしてもらいました♪
 思い思いの仮装で皆さん本当に可愛く、見ているこちらもウキウキ☆ワクワクしちゃいますね!
 レッスンにもハロウィンを取り入れて、お菓子探しをしました♪こちらも大盛況!来年も楽しみにしたいと思います(^^)

 STEP1 1歳児クラス

IMG_2.gif alt="ハロウィーンレッスン"



 STEP2 2歳児クラス 

IMG_7368.gif alt="ハロウィーンレッスン"


 
 STEP3 3歳児クラス

IMG_7304.gif alt="ハロウィーンレッスン"


 
 STEP4 4歳児クラス

IMG_7211.gif alt="ハロウィーンレッスン"


  
 STEP5 5歳児クラス

IMG_7318.gif alt="ハロウィーンレッスン"


2018年10月31日

第3回おさらい会♪無事終了致しました(*^^*)

 今日はまさに秋晴れ!空も澄んで太陽もキラキラと輝く、とても爽やかな1日でしたね。そんな気持ちの良い日にMisuzu Music Houseでは第3回おさらい会が行われました!
 ピアノを始めてまだ1年にも満たない生徒さんもいらっしゃいましたが、ほとんどの生徒さんが出演してくださいました♪この日のためにたくさん練習を重ねてきた生徒さんたち。おさらい会前最後のレッスンでは、皆さんばっちりな仕上がりで、あとは本番を迎えるのみ!それでもいつもとは違う、ちょっぴり緊張したお顔を見ると、私までドキドキしてしまいました(^^;)
 今日はハロウィンも近いので、皆さんには仮装をして出演していただきました♪皆さん凝っていて、そして本当に可愛い!!お母様手作りの衣装の方や曲目と合わせて衣装を選んできてくださった方もいらっしゃいました(^^)

IMG_7334.JPG alt="MisuzuMusic Houseおさらい会無事に終わりました"


 用事などで途中で帰ってしまった方もいらっしゃいましたが、最後にみんなでパチリ!皆さん本番を終え、すっきりとした晴れやかな表情ですね(^^)
 これからは来年3月の発表会に向け、また新たなスタートを切っていきたいと思います!
 今日は皆さんお疲れ様でした♪

2018年10月28日

第14回東関東学生ピアノコンクール

 このところ朝晩が冷え込むようになり、日に日に秋らしくなってまいりましたね(^^)
1歳5ヶ月のうちの息子は魚が大好きで、秋刀魚や鮭をもりもり食べ、秋の味覚を楽しんでいる様です。
 
 今日から始まった第14回東関東学生ピアノコンクール!今年は小山地区で1人(初級A)、つくば地区で1人(中級B)、お二人の生徒さんが出場します。
 今日はその小山地区の予選でした。結果は見事金賞受賞!おめでとうございます!(*^^*)つくば市にある素敵なホール、ノバホールで行われる次の本選に進むと同時に、ヤマハ銀座店にあるヤマハホールにて行われる入賞者記念コンサートにも出演することが決定致しました!
 実はこちらの生徒さん、べーテン音楽コンクールにも出場しているCちゃんでして、大曲を何曲も見ている状態で、今回のコンクールにも挑戦しました。その為もあってか、昨日のレッスンではちょっとしたところでつまづいてしまい、半日で直して本番に臨まなければならない状態でした…しかし私の心配をよそに、本人も満足のいく演奏ができての金賞受賞だったそうです(^^)
 来週はおさらい会、11月・12月とコンクールが続き、来年3月には第3回みんなのコンサート、Misuzu Music Houseの発表会が行われます♪私も少しずつ生徒さんと一緒に成長していけたらと思いますので、これからも全力で指導させていただきます!
 おさらい会はハロウィンも近い為、生徒の皆さんには仮装をして出演していただきます!どんなおさらい会になるか楽しみですね(*^^*)また終わりましたらブログに載せますので、どうぞお楽しみに…♪

IMG_7087.JPG alt="東日本学生ピアノコンクール予選"
IMG_7088.JPG alt="東日本学生ピアノコンクール予選"

 

2018年10月21日

5月に行われたホームコンサートの動画がやっと送れました!

 ちょっと前の記事ですが…
 今年5月に行われました講師によるホームコンサートの動画♪この動画を今まで送ることが出来なかったのですが、今日パソコンの専門家に見ていただきやっとホームページに載せることが出来ました!
 もし宜しければご覧になってください(*^^*)

 

2018年10月14日

第12回べーテン音楽コンクール

 2007年に創設され、2018年で12回目となる音楽コンクール、べーテン音楽コンクール。北海道から九州まで地区予選があり、地区本線、そして全国大会と進んでいきます。

 小学生1.2年生の部に出場している生徒のCちゃん。Cちゃんはコンクールに出場するのは初めてでしたが、地区予選も最優秀賞で地区本選へと進み、また地区本選でも最優秀賞で全国大会へと進むことになりました!!!

 先日行われた地区本選では、その日に何部門も審査が行われる中、その日の最高得点をいただいてしまったそうです(*^^*)

 とても努力家のCちゃん。練習やレッスンで自身が思っているように演奏ができないと悔しくて涙を流すこともありました。1日に何時間も練習をし、レッスンでも日に日に上達していくのが目に見えて分かりました。そんなCちゃんがコンクールで賞をいただいたと聞き、私も心から嬉しく、遠く離れた場所にいましたが大きな拍手を送りました!(T T)

 次はいよいよ全国大会‼今までとは違う、新しく譜読みをして出場することに決めました。3月に行われるMisuzu Music Houseの発表会で演奏しても良いなと思っていた曲なので、あと1ヶ月ちょっとで譜読みをし、仕上げていくのは難しいかもしれない…と悩みましたが、本人がこの曲で全国大会に臨みたいと言ってくれたので、その曲に決めました。演奏曲は三善晃作曲「波のアラベスク」です♪切ない音色であり、また情熱的な表情も持つこの曲が私は大好きです!これからどのように仕上がっていくのか私も楽しみにしたいと思います。


IMG_6348.JPG alt"Misuzu Music Houseの生徒さんが出場しているべーテン音楽コンクール、地区本選後のお写真です"

 地区本選の時にべーテン音楽コンクール協会の方に撮影していただいたそうです(^^)

 

2018年10月06日

リトミック研究センター茨城支局♪夏季講習に参加してきました!

 リトミック研究センター茨城支局による夏季講習が茨城県の北部、勝田で行われました♪勝田ワークプラザという場所で、体育館のように広いホールもある会場でした!

 今回の内容は、リトミック研究センター神奈川県支局長向井育子先生にお越しいただき、実際に体験レッスンはどの様に行われるのか見学するというものでした。実際に親子を相手に体験レッスンを行っていただく、というものだったので、私は1歳2ヶ月になる息子と一緒に参加してきました。

 親子15組ほどいたでしょうか、子どもだけの数は20人くらいいたと思います。下は1歳児、上は年長さんと異年齢を相手にしたレッスンでしたが、どの子どもたちも笑顔で楽しく受けていました。

 息子にとっては初めてのリトミック!はじめは知らない場所で大人ばかりに囲まれていたので(講習に来た方々です♪)ちょっと萎縮していましたが、少しずつ向井先生の楽しく面白い世界に引き込まれていきました!

 海をテーマにしたレッスンは実際に海を知らない子どもにとっても刺激になる内容でしたし、また、連れて行ってあげたい!と親の気持ちも高まりました。やはり本物を見せる、聴かせる、体験させることは大切なことだとあらためて感じました^^

IMG_E2977.JPG alt="つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。リトミック研究センター茨城支局夏季講習に参加してきました"

 

IMG_E2979.JPG alt="つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。リトミック研究センター茨城支局夏季講習に参加してきました"

 

 息子は1歳になりましたが学年で言えば0歳児なので、0歳児もリトミックが受けられると良いなぁと心から思いました。なので!当教室で少しずつ準備を進めてまいりますので、お楽しみにお待ちください(*^^*)

 

2018年07月22日

ピアノのレッスンより…♪

 今年度からリトミック(STEP5)とピアノをダブルレッスンで通ってくれている女の子。リトミックではとっても元気ではきはきしている女の子ですが、ピアノの時は恥ずかしいのか、いつもとはちょっぴり違う一面を見せてくれます(^^)

 いつも歌いながら演奏してくれるのですが、歌詞がついていない曲の時、歌詞をつけてみよう!となりました。1週間一生懸命考えてきてくれ、その歌詞を恥ずかしそうに、でもしっかりと歌ってくれました(*^^*)

 これからも楽しくリトミック&ピアノしていきましょうね♪

 

 

2018年06月06日

リトミックレッスン4歳児さん(STEP4)レッスンより…♪

 リトミック4歳児さんクラスのご紹介です(^^)

 ことばのリズムから音符(リズムカード)へ繋げていくレッスンを多く行うSTEP4クラス。これまでSTEP1からたくさんのことばのリズムを、手で打ったり足でステップしたりと行ってきましたが、それを音符として捉え、リズム譜へと繋げていくのはSTEP4が初めてです。

 今回のテーマはのりもの!男の子は特に大好きなカードです(^^)ピアノを聴いて何ののりものかは簡単に聴き分けてしまいますが、今回は音符のリズムカードへ繋げていく導入として、大小のカラーボードを使ってのレッスンです。大きいボードは四分音符、小さいボードは八分音符。ピアノを聴いて自分で並べることが出来ました!

 STEP3から始めた男の子ですが、確実に身についているのが目に見えて分かるので、私もとても嬉しく、これからが楽しみです♪何よりも男の子が「リトミック楽しい~!」と毎回笑顔で通ってくれるのが嬉しいです。

 これからも楽しくレッスンしていきましょうね!

 

IMG_0933.gif alt="Misuzu Music Houseリトミック4歳児さんクラス(STEP4)のレッスンより・・・"
2018年06月06日

リトミック1歳児さん(STEP1)レッスンより…♪

 昨日のレッスンでは初めて新聞紙を使ったレッスンを行いました。

くしゃくしゃにした新聞紙を踏んでカサカサと音を楽しんでみたり、足の感触をおもしろがってみたり…くしゃ!ピン!と丸めて伸ばしてを眺めるのも初めてのことです。まだうまく破くことが出来ない1歳児さんですが、そのくしゃくしゃになった新聞紙に少し切り込みを入れてあげると、自分でも破くことが出来ました!

 最後はたくさん破いた新聞紙を、集めて集めてせーの!ふわ~!!!紙吹雪のように新聞紙の雨を降らせました(^^)

 また楽しくレッスンしていきましょうね♪

 

IMG_0591.gif alt="Misuzu Music Houseリトミック1歳児さん(STEP1)レッスンより"
2018年05月29日

リトミック ステップ3クラスより♪

 緑が更にキラキラと輝く今日この頃。今日運動会を行った学校もあるようですね(^^)そんな5月もあと少し…爽やかで個人的に大好きな季節なのでちょっぴり寂しい気持ちもありますが、これからは夏に向けてどんどん暑くなっていく毎日です!体調管理をしっかりし、バテないよう気を付けていきたいと思います!

 

 今日はリトミックSTEP3クラスのレッスンの一部をご紹介致します。

いつも元気いっぱいの女の子2人のクラスですが、残念ながらお1人お休み。なので女の子とお父様お母様3人でのレッスンとなりました。

 STEP1から続けてこられて今STEP3に通っている女の子。こちらの意図すること、伝えようとすることを瞬時にくみ取り、そこから感じたことを身体全体で表現することがいとも簡単にできるようになってきました。これは指導する私でさえ毎回驚かされます。聴く力はもちろん、判断力や決断力、思考力や創造力などあらゆる力が身についているということです。お通いの保育園でも驚かれることが多いようです(*^^*)リトミックをやっていたから、とは一概には言えません。しかし女の子にとって何かしらの影響を与えられているとしたら、やはり嬉しいことだと思います。

 

 この日も様々な活動をし、最後に「色の棒」という教具を使ったレッスンから…♪

IMG_0504.JPG alt="Misuzu Music HouseリトミックSTEP3 クラスより"IMG_0508.JPG alt="Misuzu Music HouseリトミックSTEP3より"

 

 細長い棒が4色あり、これを使って数や想像力を膨らませる活動を多くします。

 2本では何が作れるかな?では3本では?数と関わらせながら形のお勉強にもなり、またカラフルなので色彩の感覚も磨かれていきます。

 同じものを作る、から自由に好きなものを作る…。色の棒を使ったレッスンは2回目だったので今回は10本というたくさんの本数を使って☆の形を作りました。角度がうまく作れないと星型にはなりません。先生の作ったものをじーっと見て観察し、自分と何が違うのかを考え、1本1本丁寧に置いている姿が印象的でした。

 私が作っているのを見ながら、まだ完成する前に「あ!おほしさまだ!」と、とても嬉しそうに声をあげていた女の子。細長い棒からおほしさまができるとは思わなかったのでしょう。その姿がとても可愛らしかったです(^^)

 細長い棒と、とてもシンプルだからこそ想像を膨らませ、何ができるか考えながら作り上げるという作業はとても意味のある事だと考えます。子どもたちもすぐにこの棒が大好きになり、夢中で作っています。また面白い作品ができましたらこちらに挙げさせていただきますね♪

 

 

2018年05月26日

第4回Misuzu Music Houseホームコンサート♪無事に終えることができました!

 5月6日(日)、爽やかな五月晴れの中、当教室で講師によるピアノコンサート”第4回Misuzu Music Houseホームコンサート”を行いました♪今回も私の大学時代からの友人でもあり、千葉県我孫子市でYuu Music Houseを主宰されている諏訪優先生と一緒にこのホームコンサートを開催し、連弾を中心としたプログラムをお送りしました♪

 実はこの日は1日に2公演を行うという、私にとって初めての経験をしました。11:00~は当教室Misuzu Music Houseにて行い、14:00~は優先生のお教室Yuu Music Houseで行いました。

 嬉しいことに生徒さんやご近所の方、そしてそのお友達など、多くの方々にお越しいただき、私の教室で50名以上、優先生のお宅と合わせると約90名と本当にたくさんの方々にお越しいただきました。本当に本当に感謝です。5月なのでまだ冷房はいらないかなと思っていましたら、お部屋に集まりだした頃からだんだんと暑くなってきて、演奏中にはお部屋の中は熱気でムンムン!になってしまいました(^^;)

 

image41.png alt="Misuzu Music House第4回ホームコンサートのプログラムです"

 ☆優先生が作ってくださったプログラム、ほっこり春らしくとても可愛いですよね(*^^*)☆

 

 0歳児のお子様からお越しいただき、未就学児のお子様も多くいらしたので、飽きないよう知っている曲を多く取り入れた大人も子どもも楽しめるプログラムをと考えました♪

 

 来ていただいた方の何人かの方から感想をお聴きしましたが、楽しかった、子どもと一緒に来ることができて本当に良かった、また聴きに行きたい!というお声をたくさんいただきました(^^)このホームコンサートは音楽を身近に感じてもらいたいという思いから始めたコンサートなので、少しずつその思いが伝わってきているのかなと思うと嬉しく思うとともに、これからももっと頑張っていこう!と励ましてもらえたような気がします。

 優先生が編集してくれた動画です(^^)少しですがご覧ください♪

 

 またホームコンサートを実施していきますのでどうぞお楽しみに…(*^^*)

 また、お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!


2018年05月07日

大人の生徒さん♪

 新年度が始まりました!皆様いかがお過ごしでしょうか(*^^*)

私は調子の悪かったパソコンを新しくし、心機一転しました!相当危ない状態だったらしく、色々なデータが失われる前に新しくできて良かったとお店の方々におっしゃっていただきました(^^;) 機械系は詳しくないので、専門の方に定期的に見てもらわないといけませんね(><)

 

 そよ風がとても気持ちい良い季節の春…4月は特に何か新しいことにチャレンジしてみたくなる、そんな気持ちになりますよね♪

 MisuzuMusicHouseにお通いいただいている生徒さんの多くは1歳児さん~中学生ですが、実は大人の生徒さんにもお通いいただいているんです。

 ♪未来の幼稚園・保育園の先生を目指している大学生

 ♪趣味でピアノを弾いてみたいと他のお教室で始められ、その先生がお引越しをされる為移られた生徒さん

 ♪お子様も当教室にお通いいただき、そのお母様も始められた初めての親子ピアノの生徒さん

 

 夢のため、大好きな音楽を自分で奏でるため、お子様と一緒に頑張るため…。ピアノを始める理由はもちろん様々ですが、その”始める”ということはものすごくエネルギーのいることであり、とても勇気のいる大きな一歩だと思います。少しでもお力になれるよう、生徒さんに寄り添いながらお一人お一人に合ったレッスンができるよう、私も尽力していきたいと思います(^^)!

2018年04月11日

H.29年度 ピアノの生徒さんによるおさらい会が無事に終わりました(*^^*)

 お天気にも恵まれた3月24日(土)にMisuzuMusicHouseピアノの生徒さんによるおさらい会を実施しました。約半分の生徒さん、14名が出演してくださいました!

 発表会では連弾のみの出演だった生徒さんも今回はソロの演奏に挑戦!中には発表会など人前で演奏することをずっと躊躇してきた生徒さんが、今回初めて自分から「やってみる」と言ってくれ、その勇気を振り絞った大きな成長がとても嬉しかったです。

 演奏順は順次くじ引きで決定していきます(^^)演奏が終わった生徒さんが次の子のくじを引く、という流れです。なので最後までいつ自分の出番になるのかドキドキ!そして今回は私、細谷も演奏に加わりました♪生徒の皆さんが緊張の中演奏するのに、私が何もしないのもなぁ~と思い参加を^^ただくじ引きで2番目に演奏するとは思っていませんでした(*>U<*)くじの面白いところですね♪

 発表会から3ヶ月ほどが経ちましたが、生徒の皆さんはこのおさらい会に向けて頑張って練習してきました。レッスンではなかなかうまくいかなかったこともありました。何度練習しても思うように弾けないこともありました。でも本番では全員の生徒さんが持てる力を出し切った演奏だったと思います。

 演奏後はお集まりいただいた方々皆さんで楽しめるものを何かしたいと思い、○△□☆あそびを最後に行い、終演となりました!

 4月からは新たな生活がスタートします。小学生になる人、中学生になる人、学年が一つ上がる人など様々ですが、また新しい目標に向かって頑張っていきましょう!私も5月6日のホームコンサートに向け、全力で頑張っていこうと思います(^^)!

 

 

2018年03月25日

リトミック修了式♪

 昨日はリトミッククラスSTEP2とSTEP4の修了式でした(*^^*)

産休が明けてからの7月~3月まで、共にレッスンしてきたお友達と楽しく1年を締めくくることができました!STEP5クラスになる今のSTEP4の子どもたちには、4月から新しいお友達が増えるのでまた楽しみが増えますね♬

 パソコンの調子が悪かったのですが、やっとお写真が載せられました!みんなとてもいいお顔で終えられましたね。またひとつ学年が上がった4月に会えることを楽しみにしています(^^)

 

 

2018年03月18日

ひなまつりリトミック♪

 明かりをつけましょぼんぼりに~♪今日は嬉しいひなまつりですね(^^)Misuzu Music Houseのリトミックでも、ひなまつりの題材を取り入れたレッスンを行いました!

 

 残念ながら3人中2人がお休みとなったSTEP2クラスですが、お母さんと一緒に元気いっぱい動きました。最初にひなまつりの絵本を読みましたが、読みながら生徒ちゃんのハラハラドキドキワクワクが伝わってきて、何度も読んでいる私もお話の中に入り込んでしまったような気持ちになりました。絵本の後は桃のお花を色々な歩き方で探しに冒険へ出発!ピンク色の桃のお花はスカーフで作り、いくつもお花を咲かせることができました🌼

 でも先生のおうちには肝心のひな飾りがないなぁ~そうだ!みんなに飾ってもらおう!ということで一生懸命飾ってもらいました。

IMG_5791.JPG alt="TX線みらい平駅近く、つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。ひなまつりリトミックレッスン"

お母さんと一緒に「これはここに置こう!」

IMG_5795.JPG alt="TX線みらい平駅近く、つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。ひなまつりリトミックレッスン"

見つけた桃のお花も飾って…

IMG_5800.JPG alt="TX線みらい平駅近く、つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。ひなまつりリトミックレッスン"

上手に飾ってくれてありがとう!

 

 仲良しSTEP4クラスもメインはひなまつりレッスン♪年中さんともなると絵本の聴き方、そして聴いている最中の様々な気づきが、より細かなところまでに及んでいることにとても驚きました。同じ絵本でも読み手聴き手によって感じることが変わってくることはとても面白く、またそれはピアノの演奏とも似ているなぁと感じました。

 STEP4では言葉のリズムから音符へと変換するということを、クラスが始まってからたくさん行ってきました。今回は2拍子3拍子が混ざったひなまつりに関する言葉たち。ピアノのリズムを聴いてどの言葉のリズムか考え、更にリズムが何かを考えます。とても難しい課題ですが、何度も繰り返し行っているのでリズムが変わろうともいとも簡単に聴き当てていきます!かなり耳が育っているんですね(^^)

 そして最後はひな飾りを飾ってもらいました🌼

IMG_5803.JPG alt="TX線みらい平駅近く、つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。ひなまつりリトミックレッスン"

2人仲良く並べてもらいました。

 

IMG_5805.JPG alt="TX線みらい平駅近く、つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。ひなまつりリトミックレッスン"

とっても可愛い笑顔です(*^^*)

 

 今月で29年度が終わり、4月からはひとつお兄さんお姉さんになってのスタートです!ピアノの子たちは今3月24日のおさらい会に向けて猛練習中♪リトミックも最後のレッスンは修了式。1年をしっかりと締めくくり、また未来に向けて頑張っていこうと思います(^^)♪

 

 

2018年03月03日

みんなのコンサートのお写真とDVD♪

 昨年12月に行われたMisuzu Music Houseと我孫子市にあるピアノ教室Yuu Music House合同発表会、第2回みんなのコンサート♪そのお写真が出来上がり、DVDも作り終えたので生徒さんにお渡しし始めました(^^)

 こちらはMisuzu Music House教室に入る玄関に飾っています♪

IMG_5062.JPG alt="TX線みらい平駅近く、つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室MisuzuMusicHouse。みんなのコンサートのお写真とDVDができあがりました。"

 DVDはプロの方にお願いしたわけではないのですが、開演から終演までノーカットのものを編集し、生徒さんひとりひとりのお写真をDVDに載せてプレゼントしました。

 ご自宅のビデオなどでもお撮りいただいているのですが、お渡しすると早速見てみます、とおっしゃっていただき、こちらも作り甲斐がありました!

 これからもずっとずっとこのDVDを作り続けられるよう、みんなのコンサートを開催していきたいと思います(*^^*)

 

2018年02月06日

今日のレッスンで…♪

*レッスンでの出来事*


 今日のレッスンで、おさらい会で弾く曲を決めた小学3年生の女の子。まだ始めて半年ですが、少しずつ難しい曲になってきました。今日決めた曲も、今までよりちょっぴり難しめの曲。その時女の子は「あぁ~怖いな」と声を漏らしました。「どうして怖いの?」と聞くと「失敗するのが怖い」とのこと。私はその女の子に言いました。「失敗するのは嫌なことかもしれないけど、いけないことではないんだよ」と…。
 多くのことは失敗から学びます。失敗は成功の基とも言いますよね。ただ、練習や努力をしないで失敗することは良いこととは言えません。成功できるよう、うまくいくよう何度も何度も練習し、それでもその結果がもし本人の納得いかないものだったとしても、その努力した日々や経験はとても有意義なものだと思います。そこから学ぶことは計り知れないはずです。なぜ失敗してしまったのか、どうすれば失敗しないで弾けるのか、どんな練習をしたら良いのか…考えることはたくさんあります。そしてその失敗から得たものを自らの力にできた時、またひとつ成長しているはずです。だから怖がることはないんだよ、と伝えると、安心したお顔で「この曲頑張る!」と言ってくれました。
 子どもたちが考えていること、思っていることを引き出し、押し付けるのではなく自らピアノに向かっていけるよう、これからもそのお手伝いが出来たらと思います(*^^*)

2018年02月05日

第2回みんなのコンサート♪アンケート結果⑤

 さて、第2回みんなのコンサートアンケート結果をお伝え致しますのも今回で5回目となりました。今回で最後です(^^)

 

 

5.通常レッスンについてのご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

 

・いつもありがとうございます。子どもの苦手な部分を的確にご指摘、ご指導していただきどても感謝しております。これからもどうぞ宜しくお願い致します。(年長・小4 お母様)

・あきらかに練習不足の時は、がっつり叱ってください‼(小4 お母様)

・いつも駅への送迎などサポート大変感謝しております。ビシビシ鍛えてやってください。(中1 お父様)

・毎回変化に富んだ活動を計画してくださってありがとうございます。おかげさまでリズム感や聴く力がついていると思います。これからも宜しくお願い致します。(リトミックS.2 お母様)

・何度も練習して最初は難しかったけどできるようになって嬉しかった。(小3 本人)

・少し難しくても知っている曲を取り入れていただけると嬉しいです。(年長 お母様)

・いつも楽しくレッスンしていただきありがとうございます。STEP1からSTEP2へ飛躍的な成長が見られ、驚きとともに毎レッスン楽しそうに通う様子を見ていると、頼もしく、また嬉しく思います。(リトミックS.2 お母様)

・家族3人で楽しくレッスンに通わせてもらっています。”ピアノの練習”もコミュニケーションのツールです。これからも”楽しく”レッスンできればと考えております。(年長 お母様)

・音楽のことをたくさん勉強できて嬉しいです。(年長 本人)

・家での練習をあまり自らやろうとしないので、何か良い方法があればなと思います。レッスンは楽しんでいるようなので良かったです。(年長・小2 お母様)

・自分の音にもう少し耳を傾けられるようになると良いなと思います。(小5 お母様)

・家でなかなかピアノを見てあげる時間がとれず、練習も習慣にならないです。家でやる気になるようにプレッシャーを与えてください(笑)‼(小2 お母様)

 

 

 

 いつも温かく見守りご協力くださる保護者の皆様がいらっしゃるからこそ、私も楽しくとても有意義なレッスン時間を過ごさせていただいております。こちらこそありがとうございます(*^^*)

 何人かの保護者の方がおっしゃっていた、自宅での練習への取り組みを自ら行ってほしいとのご意見は、私も今一度考えていきたいと思います!

 今までお読みいただきありがとうございました。これらのご意見は今後のレッスンに役立てて参りたいと思っております。

 4月からは今のレッスン時間を組み直し、新しい年度のスタートを切っていきます。もしピアノ・リトミックにご興味のある方は体験レッスンも行っておりますので、どうぞお気軽にお越しくださいね。お待ちしております(*^^*)

2018年02月05日

第2回みんなのコンサート♪アンケート結果④

 さて4回目となりました第2回みんなのコンサートアンケート結果のご報告です。今回は、コンサートを乗り越えてお子様にどんな変化があったのか、ということです。毎日共に過ごす親御様から見て、どのような変化があったのか、また、去年と比べてステージ上ではどうだったのか、本番を迎えるにあたりどのような取り組してきたのか、など多岐にわたりお答えいただいています(^^)

 

4.今回のコンサートを乗り越えてお子様に変化は見られましたでしょうか。ご意見、ご感想などお聞かせください。

・家での練習を聴いていると大丈夫かな?と思うこともありましたが、本番では堂々と演奏できて良かったです。(小4 お母さま)

・変化はこれからだと思いますが、少ない時間の中なるべく練習しようとしていました。(中1 お父様)

・これからのレッスンで変化が見られると良いのですが…「うちの子には無理かも…」「まだ早いかも…」と思っていた私(親)に変化が見られました。(リトミックS.2 お母様9

・もっと上手になりたいと思ったようですが、練習はなかなか変わりません。(小5 お母様)

・すごく緊張していた様子だったけれど、終わった後は達成感でした。(小2 お母様)

・練習量も少なく、無事に弾けるようになるのかとても不安でしたが、最後の頃は自分から練習し苦手な部分を克服していました。目標を持って練習に取り組めて良かったです。(年長・小4 お母様)

・初めてのピアノ発表会で演奏前はとても緊張していた様でしたが、舞台に上がってからは「全然緊張しなかった」と言って帰ってきたので自信がついたのかなと思いました。(小3 お母様)

・自ら知っている曲を楽譜を見て弾くようになり、自分で曲を弾ける楽しみがわかってきたようです。(年長 お母様)

・今回で2度目となり本人は発表する意味が分かるようになり、頑張って発表したと言っておりました。通常レッスンとは違い、発表中の私語をしないように努めたようです(笑)(リトミックS.2 お母様)

・本番椅子が遠かったようで、一度座り、手を置き確認し、椅子から降りて、自ら椅子を前に持っていく、というちょっとしたことでしたが、あのステージで物怖じせず、我が子ながら感心しました。(年長 お母様9

・普段の曲の仕上がりよりもさらに上をと練習していくと、やはり強弱、速さ、表現の仕方、どれも途中で分からなくなったり弾きにくくなったり”壁にぶつかる”という経験をしたようです。(年長 お母様

)

・はじめは発表会に出ることに消極的でしたが、終わった後は「楽しかった」「また来年もやりたい」という言葉が出て、発表会に出て良かったと思いました。(年長・小2 お母様)

 

 

 目標に向かって取り組んでいくと、多かれ少なかれ壁にぶつかることもあったかと思います。ですがその壁を乗り越え、ステージを終えた子どもたちは自信と達成感に満ち溢れたことでしょう。発表会を終え1か月以上経ちましたが、3月には年度末のおさらい会を予定しております。人前で演奏する機会が多ければ多いほど、その”人前で演奏する”ことに対して苦手意識を感じることが少なくなってくると考えています。受験生が試験前に何度も模擬試験を行うのと似ていますね。何度も緊張する場面に自らを置き、その緊張感の中最高のパフォーマンスをしようと繰り返していくと、自分をコントロールできるようになっていきます。これは音楽の世界だけでなく、様々な場面で必要な能力ではないでしょうか。音楽を通して豊かな心、そして強い心も身に着けていけるよう、私も尽力していきたいと思います。

 

 さて次回は普段のレッスンに対してのご意見を載せていきます。真摯に受け止め、より良いレッスンを行えるよう今後の課題とさせていただきます!

2018年01月30日

第2回みんなのコンサート♪アンケート結果③

先日に引き続き、第2回みんなのコンサートアンケート結果をお伝え致します♪

 

3.講師演奏についてご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

演奏曲目…2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ ローゼンブラット

・音がきれいで穏やかな気持ちに包まれたような気がする。(小3 本人)

・今まで見たことがない演奏法で良かったです。(年長 お母様)

・初めて見る奏法がエンターテイメント性と迫力がありとても印象に残りました。もう少し長く講師演奏を見ていたいと思いました。(リトミックS.2 お母様9

・素晴らしい演奏方法で見入ってしまいました。(見入ってしまいビデオを撮り忘れてしまいました)演奏方法がわかった上でもう一度聴きたいです。(年長 お母様)

・すごかったです。子どもが先生の指がすごいと興奮していました。時間があれば先生方お一人ずつの演奏も聴けたらと思います。(年長 お母様9

・今まで見たことがない弾き方で、耳だけでなく目も奪われてしまいました。とても良かったです。(年長・小2 お母様)

・難しい曲でも子どもが見ていても楽しめる曲で良かったです。(小4 お母様)

・すごい迫力で感動しました。2人の手が絡み合いながらも混乱しないパフォーマンスが素晴らしかった。(中1 お父様)

・すごい迫力で見ごたえ聴きごたえがありました。きれいというよりかっこいい曲と先生からお聞きしていましたが本当にかっこよかったです。(リトミックS.2 お母様)

・目が釘付けになるようでした。子どももどうしてあんな演奏ができるのかとびっくりしていました。(小5 お母様)

・プロのピアノ演奏が発表会で聴けてすごく良かった。感動しました。また2人の演奏聴きたいです。(小2 お母様)

・素敵な迫力ある演奏でした。ありがとうございました。子どももこんな弾き方あるの?と驚き、ピアノが更に楽しく感じたようです。(年長・小4 お母様)

 

 

 

 そのようにおっしゃっていただき、本当に本当に嬉しく思います。ありがとうございます(*^^*)これからも皆様に楽しんでいただける演奏が出来るよう、我々講師も日々努力してまいります。

 さて次回は、今回のコンサートを乗り越えてお子様にどんな変化が見られたのか、お聞きしましたのでそちらをお載せします!講師である私から見る変化と、普段ご自宅で一緒に過ごされている保護者の皆様から見るお子様の変化はまた違ったものがあるかと思います。どうぞ次回もお読みください(^^)

2018年01月24日

第2回みんなのコンサート♪アンケート結果②

先日に引き続き、第2回みんなのコンサートアンケート結果をお伝え致します(*^^*)

 

2.印象に残った演奏プログラムを書き、その理由もお聞かせください。

・情熱大陸 葉加瀬太郎…知っている曲でもあり、先生との連弾がとても迫力があり印象に残りました。(年長・小2 お母様)

・小犬のワルツ ショパン、プレストアジタート メンデルスゾーン、ソナタK.280 モーツァルト、ウィーン謝肉祭の道化 シューマン…お姉さんたちの演奏はとても上手で聴き入りました。(小4 お母様)

・まわるまわるアヴィニョンの橋…3人でピアノとベルを回りながら演奏していて、曲名通りで見ていて楽しかったです。(小4 お母様)

・情熱大陸 葉加瀬太郎…弾きたかった憧れの曲という本人のコメントがあり、その憧れの曲を弾くことが良いと思った。(中1 お父様)

・無邪気 ブルクミュラー…年齢の割に難しいであろう曲をとても美しく弾いていたと思います。(リトミックS.2 お母様)

・小犬のワルツ ショパン…小さな頃から好きだった曲という本人のコメントがあり、夢に向かって頑張ったことを想いながら聴きました。うちの子も好きな曲なのでいつか弾けるようになってくれたらと思います。(リトミックS.2 お母様)

・無邪気 ブルクミュラー、プレストアジタート メンデルスゾーン…とても音楽が素晴らしかったと思います。(小5 お母様)

・糸 中島みゆき…連弾で曲も好きだったので良かったです。素晴らしい演奏でした。(小2 お母様)

・プレストアジタート メンデルスゾーン…右手の和音が迫力があって素敵でした。(年長・小4 お母様)

・情熱大陸 葉加瀬太郎、糸 中島みゆき…息が合った演奏で素晴らしかったです。(年長・小4 お母様)

・講師演奏 2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ ローゼンブラット…音がきれいで楽しそうに弾いていて、私も弾きたいなと思ったから。(小3 本人)

・夢を叶えてドラえもん 黒須克彦、ミッキーマウスマーチ…子どもが知っている、大好きな曲ということもあり、本人も印象に残ったのかと思います。(年長 お母様)

・兄弟間もさながら、大きな子と小さな子との連弾はとても良いと思いました。どちらの立場となっても演奏すること以外にも勉強になりそうですね。(リトミックS.2 お母様)

・生徒さん全員それぞれ素敵でした。皆さん頑張って練習したんだと1曲1曲伝わってきました。(年長 お母様9

・プレストアジタート メンデルスゾーン…大人びた演奏で、とても格好良かったです。(年長 お母様)

 

 

 いつか弾いてみたかった曲、大好きな曲を発表会で演奏できた生徒さんが多かったので、その夢に向かって今まで努力してきたことが伝わる演奏だったのでしょう。指導する私としても、幼いころからレッスンをしてきて、いつしか大きな夢・目標を持って取り組んできてくれたことがとても嬉しく、感慨深いものがあります。これからも生徒さんの夢を応援できるような指導者となれるよう私も精進してまいります!(^^)

 次回は講師演奏についてでのアンケートす♪お楽しみに(*^^*)

2018年01月17日

第2回みんなのコンサート♪アンケート結果

 昨年12月に行われましたMisuzu Music House&Yuu Music House合同発表会♪第2回みんなのコンサート♪当日お配りしたアンケート結果が出ましたのでお伝えさせていただきます!

 Misuzu Music Houseからは17名出演予定でしたが、2名欠席で15名の生徒さんたちが出演なさいました。ご兄弟の方々もいらっしゃるので12名の方々にアンケートをお願い致しました。お忙しい中ご協力いただきありがとうございます!

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

1.2017年度みんなのコンサートはいかがでしたか?
     …良かったとご回答いただきその理由をお答えいただいています

・自分の子の頑張っている姿、他の子の素敵な演奏、先生方の素晴らしい演奏が見れてとてもよかったです。(年長・小2 お母様)

・これまでエレクトーンの発表会しか経験していなかったので、初めてのピアノ発表会がとても刺激になった様子でした。もっと上達したいという気持ちが芽生えたようで親としてもうれしく思いました。(年長・小4 お母様)

・みんな楽しそうに弾けていたし、私も笑顔で弾けました。(小3 本人)

・昨年のアットホームな会場とは違い、ちゃんとしたホールだったので見ている方が緊張してしまいましたが、本人は全く緊張しなかったようです。選曲もそれぞれ個性があって、聴いていて楽しかったです。(小4 お母様)

・教室の皆さんの顔が見れて雰囲気を感じることができた。子供の目標となった。(中1 お父様)

・予想に反して子どもが親から離れて活動(発表)してくれたことが良かった。まだステージに立たせるのは早いかとはじめは参加を躊躇していましたが、良い経験ができました。ピアノの演奏もみんな頑張って練習したエネルギーを感じられる素晴らしい演奏ばかりでした。息子もピアノの生演奏をたくさん聴けて良かったという意味合いのことを言っていました。帰ってきてからも「発表会楽しかった!明日もやる?」と何度も言っています。記念品をとても喜んで当日のおやつから早速使っています。(リトミックS.2 お母様)

・プログラムのボリュームとホールの大きさのバランスがとても良かったと思います。(小5 お母様)

・会場も良かった。他の生徒の演奏を聴けたり、普段と違う環境でとても良い経験ができました。プレゼントのマグカップもとてもかわいくて大喜びでした。(小2 お母様)

・初めて大きなステージで弾けたことが本人にとって良い経験になり、自信に繋がってくれると思います。(年長 お母様)

・昨年のアットホームな会場も素敵でしたが、今回の会場はステージもあり、より発表会らしくてとても緊張して良いのではないでしょうか。(リトミックS.2 お母様)

・昨年のホールも良かったですが、今年のホールも素敵でした。いつもプログラムも素晴らしく退屈のないコンサートでした。(年長 お母様)

・小さな子でもレベルに合わせて連弾にも挑戦していて素晴らしいと思います。一人での練習が多いピアノは、他の人と合わせるということを経験する機会があまりないと思うので。(年長 お母様)

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

 

次回は印象に残ったプログラムをお聴きしましたので、そのご回答をお伝え致します!どうぞお楽しみに(*^^*)

 

 

 

 

 

2018年01月10日

リトミックレッスンの準備♪&レッスン開始!

 明けましておめでとうございます(*^^*)2018年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 1日は初詣へ、2日は実家へ帰り、そろそろレッスン準備を!と言うことで作りました^^

 年明け1回目のリトミックレッスンは、どのクラスも同じ内容で進めようと考えました。(もちろん内容の難易度は変えますが)

 干支のお話から始まり、コマ回し、凧揚げ、羽根つきのお正月遊びで体をたくさん動かします。
コマは実際に回すことに挑戦!私も何度か回したのですがなかなかうまく回らず(^^;)子どもたちはもちろん、お父さんお母さんも熱くなって回していました^^その後は自分がコマになってくるくる…目が回る~と言いながらコマになりきっていました。
凧揚げはスカーフを使い元気よく走りました!凧になったように風に乗ってゆらゆら揺れたり、時には強風が吹いたり。音楽を聴き分けて活動します。
羽根つきはやったことがない子が多く、何なのかもわからない子も多くいました。バトミントンみたいに交互に打つんだよ、と言うとどんな遊びなのか想像できた様子。

image35.png alt="ピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。リトミックで使う羽根つきの羽根を作ってみました。"

 

紙粘土を丸めて重しにし、折り紙で巻きモールでとめました。

手でも打てるので保育園では手でやってもらいましたが、交互に打つのは難しかったので1人で何回打てるかに挑戦!自宅レッスンでもボードを羽子板替わりにして挑戦してもらいました。

最後はお餅つき。ぺったんぺったんお餅をついて、あっちっち!ふ~ふ~とやりながら丸めました。何餅が好きかな~との問いにはたくさんの答えが返ってきました^^

 

長いお休みの後でしたが元気に通ってくれた生徒たち。私も元気とパワーをもらい、2018年も頑張っていこうと思います(^^)

2018年01月09日

2017年最後のリトミックレッスン♪

 早いもので12月16日でリトミックレッスンは年内最後となりました。発表会も終え、なんだか急にお兄さんお姉さんになった気がします。発表会での感想などはあらためてお伝えしますね^^

 さて今回はX’mas間近となりましたのでレッスンにもX’masの題材を取り入れて行ないました☆

 

 ~S.2クラス レッスン内容(抜粋)~
①車に乗ってりんご狩りに行こう!みんなは運転手!どんな道かな?ピアノの音をよく聴いて…
②りんごは木になっているから手を伸ばして取るよ。2拍子の音楽を意識しながら「取って入れて…」
 強風が吹いてりんご木から落ちちゃった!「拾って入れて…」音の高低も聴き取ります。
③たくさんりんごが取れたからサンタさんの袋のように、スカーフを袋にして運ぼう!
 「よいしょよいしょ」二分音符を意識して歩きます。
④スカーフを使って、何になるかな?想像力を膨らませての活動です。
 マント・ほうきや雑巾、おふとんにしたり…最後にツリーを作りました!

S.2女の子の作品

 

S.2男の子の作品

 

子どもたちはひとつのツリーを作り、お父さんお母さんのツリーと合わせて3段にしました(^^)

 

~S.4クラス レッスン内容(抜粋)~

 実は…残念ながらS.4クラスの子どもたちは体調不良により発表会に出ることは出来ませんでした(><)なので今年最後のレッスンは保護者の方々にお入りいただき、発表会で行う予定だった内容を発表しました♪

①レストランへ行こう!2・3・4拍子を表しながら歩きます。
②ドレミファエレベーターに乗ってレストランのある階を目指そう!空間分割・ドレミの音階を体で表 現することが課題のレッスンです。
③食べ物カードと音符カードを照らし合わせる。ピアノを聴いてどの食べ物か考え、その後どのリズムかを選択します。

IMG_2562.JPG alt="ピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。リトミックレッスンの準備が始まりました。"

発表会の内容をお見せした後は、S.4になってから初めて、お母さんと一緒にレッスンをしました。
(S.4は子どもたちだけでレッスンを行います。)ちょっぴり恥ずかしく、でも嬉しい!の気持ちが表れるとても楽しい時間を過ごすことが出来ました(^^)

 

 

昨日はどんなクリスマスだったのでしょうか。レッスンは年明けになるのでお話が聞けることを楽しみにしています!皆さまもどうぞよいお年をお迎えください…(*^^*)

 

 

 

2017年12月26日

嬉しい絆♪

 今日はX’masですね☆我が家のちびサンタ君にもサンタさんがやってきました(*^^*)そして今日は久しぶりに妹と弟がやってきます!家族があつまるきっかけとなる…大人になってもやはりX’masは嬉しいですね☆

 

 さて2週間前に行われました発表会、第2回みんなのコンサート♪今回ピアノの演奏はソロだけでなく連弾を演奏する生徒さんが多くいたのですが、去年は皆講師との連弾だった中、今回初めて生徒さん同士での連弾を行いました。(連弾とは2人以上で1台のピアノを演奏することです♪主に2人で演奏することが多いですが、今回は4人で1台のピアノを演奏する曲もプログラムに入れました!)個人のレッスン以外にも合わせのレッスンを何度も重ね、はじめはなかなか音が合わずうまくいかなかった曲が、回数を重ねるごとに息のぴったり合った演奏へと変わっていきました。
 ドキドキしながら本番を迎え、どの組も無事に演奏を終えることが出来、あらためて挑戦して良かったなぁと感じていたところ、発表会後のレッスンで更に嬉しい出来事がありました!相手の子にお手紙を書いてきてくれたり、自分で選んだプレゼントを渡して欲しいと持ってきてくれたり…何度も合同レッスンを行っている中でお話したり少しずつ打ち解けている感じはありましたが、まさかそんな風に相手のことを想い、持ってきてくれるだなんて…音楽・ピアノによって新しい絆が結ばれたことが何よりも嬉しく、ほっこり心温まり密かにうるうるしてしまいました(>U<;)

 年末年始は少し長いお休みに入りますが、また年明けのレッスンで元気に通ってくれることを楽しみにしています!

 

 

IMG_2572.JPG alt="Misuzu Music Houseみんなのコンサート後のレッスンで☆"

小学5年生のお姉さんから年長さんの女の子へと預かったお手紙



IMG_2600.JPG alt="Misuzu Music Houseみんなのコンサート後のレッスンで…☆"

年長さんの男の子から^^先生へのお手紙もいただきました 

2017年12月25日

第2回みんなのコンサート、無事に終えることができました!

 冬場れの気持ち良い天気の中、昨日第2回発表会”みんなのコンサート”を無事に終えることができました。我孫子市でピアノ教室をしている、私の大学時代からの友人でありピアノカルテット・ルピナスのメンバーでもある諏訪優先生と一緒に、約半年の間、会場探しから始まりプログラム構成や看板作りなど様々なことを話し合い相談しながら当日を迎えました。
 当日は優先生の聖徳女子中学校時代のお友達がアナウンスや会場受付などお手伝いに来て下さり、私たちだけでは手がまわらなかったところをサポートしていただき、本当に本当に助かりました。

 半分ほどの生徒さんは初めてのステージでしたが、ドキドキ緊張する中、日頃の練習の成果を存分に発揮し、皆さん満足のいく演奏が出来たのではないかなと思います(*^^*)本番に臨むにあたり、それぞれ目標を定めて練習に打ち込んできましたが、努力をし続けることの辛さや難しさ、そして大切さを学ぶことが出来たのではないでしょうか。ステージを終え、戻っていく生徒さんたちのお顔は達成感で満ち溢れていました。

 今回お写真は写真屋さんにお願いし後ほどデータが届くようなので、まずは手元にある写真だけお載せし、他のお写真はまた届いた時に載せたいと思います。

 

 最後になりましたが、レッスンにご理解をいただき、惜しみないお力添えをいただきました保護者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

IMG_2490.JPG alt="Misuzu Music House&Yuu Music HOuse第2回みんなのコンサート"
2017年12月11日

”みんなのコンサート”看板完成!

 12月に入り、クリスマスムードもより一層高まってきましたね☆Misuzu Music Houseの玄関もクリスマス一色です(*^^*)出すのは楽しくてワクワクするのだけれど片付けるのが…(^^;)お正月までクリスマスツリーを飾らないよう、大掃除も頑張らなければ!と思う今日この頃です。

 

 さて、前回の記事でも書かせていただきましたが、Misuzu Music Houseと我孫子市でお教室をなさっている諏訪優先生のYuu Music House合同での発表会、みんなのコンサートがいよいよ今週日曜日となりました!生徒の皆さんも最後のレッスンを迎え始め、はじめは弾けなかった曲がばっちり仕上がっている演奏を聴くと、今までの努力や頑張りにうるうるしてしまいますが、本番までとっておこうと思います(。>U<。;)

 リトミックから始まり、ピアノソロ、ピアノ連弾へと繋がります。今年から始めた生徒さんもたくさんいらっしゃるので、ピアノの発表会が初めての子もたくさんいます。中にはピアノを始めて4ヶ月目でステージに立つ子もいます。それでも習ったことを精一杯覚えて練習し、本番を迎える準備は出来ました!本番のように照明を落とし、スポットライトを当ててレッスンすると、ステージの上みたいでドキドキする~!と言いながらも頑張って演奏していました。

 さてさて私の課題であった看板ですが…なんとか間に合いました(^^;)

生徒の皆さんにもまだお見せしていませんが、こちらにはひと足お先に載せたいと思います♪

IMG_1981.JPG alt="Misuzu Music Houseみんなのコンサート看板"IMG_1983.JPG alt="Misuzu Music Houseみんなのコンサート看板"

 

たくさんのお花で作成した真ん中の形がピアノに見えると良いのですが…☆(^^)

看板も出来たので、あとは風邪をひかず体調万全にして本番を迎えるのみです!
また終わったら色々と載せますのでお楽しみに…♪

2017年12月04日

発表会 みんなのコンサートのプログラムが出来上がりました!

image33.png alt="Misuzu Music House&Yuu Music House合同発表会プログラム"image34.png alt="Misuzu Music House&Yuu Music House合同発表会プログラム"

 

 今日で11月も終わり、明日からは師走ですね。うーん早い!笑
2016年4月から教室を開校し、1年半程が経ちました。本当にありがたいことに、生徒さんには来年度までお待ちいただくほどレッスン枠はいっぱいになりました。ありがとうございます(*^^*)

 

 さて、12月10日(日)には第2回発表会「みんなのコンサート」が行われます。今回もYuu Music House主宰の諏訪優先生のお教室と合同で行います。今回の場所は、取手市にあるウェルネスプラザ取手という新しくできたホールで、私たちも初めて使わせていただくホールです!先日下見を兼ねた打ち合わせに行ってきましたが、照明や音響など細部まで打合せして下さり、本番がより楽しみになってきました(^^)

 写真を載せさせていただいたのは今回のプログラムです。優先生が全て作ってくださったのですが、う~ん!可愛いっ(。>U<。)生徒さんにお渡しした際も「可愛い~!」と皆さん笑顔で受け取っていました。やっぱり嬉しいですよね^^

 そして今回は発表会の看板も製作中です!こちらは私細谷が担当で作っております。あと少しで完成なので完成したら載せさせていただきますね(^^)

 

 生徒さんは発表会に向けて最後の追い込みです。朝晩の寒さも厳しくなってきましたので、体調を崩さないよう気を付けないといけませんね!私もなるべく冷たいものは取らないようにして、体ポカポカ作戦で風邪を吹き飛ばしたいと思います!どうぞ皆さまもお気をつけください(*^^*)

 発表会にご興味がおありの方がいらっしゃいましたら、見学もできますのでお問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。お待ちしております(^^)♪

2017年11月30日

リトミックSTEP2クラスのレッスンから♪

 朝晩は冷え込むことが多くなり、だいぶ秋らしくなってまいりましたね(^^)
体調は崩されていませんでしょうか?私は冷えからか、乾燥からか…喉の不調が続きます(^^;)早く治さなければいけませんね!

 

 リトミックの2歳児クラス、STEP2のお友達は元気いっぱい!土曜日に開講しているので、お父さんにもたくさんご参加いただいています(*^^*)

 


 今回はオープン ジ オーブンのレッスンです。
うんとこしょ、どっこいしょ…様々な動物になりきり、色々なニュアンスの二分音符を表現しながら動きました!いつもはお父さんお母さんとの活動ですが、最後は子どもたちだけで(^^)やっと開いたオーブンの中からはケーキが現れ、みんな大興奮でした。

 これからは少しずつ発表会の内容でレッスン♪12月が楽しみです(*^^*)


2017年10月01日

第3回ホームコンサート♪無事に終わりました(^^)

 このところ雨続きの毎日…お洗濯物が乾かない!と嘆いていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?私もそのひとりです(^^;)東京では20日連続の雨が降り続けると言う、なんと40年ぶりの現象が起こっているようです。夏らしい日差しが恋しいですね。

 

 さて、昨日行われたMisuzu Music House主催の第3回ホームコンサートですが、Yuu Music House主宰の諏訪優さんを迎え、無事に終了することができました♪10ヶ月のお子様からお孫さんと一緒におばあちゃままで、30名を超える大勢の方々にお越しいただき、本当に本当に嬉しく思います。8月6日(日)には諏訪優さんのお教室でもコンサートを行い、こちらも20名ほどの方々にお越しいただきました!ありがとうございました^^

 少し敷居が高いと思われがちなクラシックの演奏会ですが、小さなお子様にも身近に音楽を感じてもらいたいという思いから、この定期的なホームコンサートを始めました。そして私たちはソロの演奏だけでなく、連弾にも力を入れて活動しており、昨日も連弾の曲を中心にお届けしました。
 小さなお子様も、今どの曲を演奏しているんだろうと、一生懸命プログラムを見ながら演奏を聴いていました。昨年大流行した恋ダンスでお馴染み、星野源さんの「恋」では、手拍子やダンスをしながら聴いている子もいました。最後はアンコール曲!会場に来ていただいた方全員で手拍子をしながら、楽しく終えました♪

 また今後も定期的にホームコンサートを実施していきますので、ご興味のある方は是非いらしてください(*^^*)

2017年08月21日

3歳までに天才スイッチをONにする 輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳さんの記事をお載せ致します(^^)

 GWも過ぎ、爽やかな季節がやってきたと思ったら、真夏日にもなるような暑さがあったり、涼しくなったり…(^^;)皆様体調は崩されていませんでしょうか。そんな大好きな5月も今日で終わり…明日から6月の始まりです(^^)♪これからは熱中症などにも気をつけていかないといけませんね。

 さて、私が拝読しているメールマガジンから記事を載せさせていただきます。

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

本日は人の声を聞き取る能力は3歳までについてお伝えします。

何度もお伝えしていますが『三つ子の魂百までも』の言葉通り五感と言葉そして人としての基本的な能力の土台が3歳までに出来上がってしまいます。
この時期の教育がいかに大切かはもうおわかりかと思います。

電車に乗っているとお子さんをベビーカーに乗せスマホをずっといじっている光景は当たり前のように見られますね。そうしたくなる気持ち確かにわかります。
何も反応のない赤ちゃん話しかけても一人芝居のように恥ずかしく、意味のない行為のように思えてしまいますよね。
でも、ここで改めて意識していただきたいのです。
それは幼稚園児の成長の変化を見てきたからこそ、お伝えしたいこと!

今のお子さんは人の声を聞き取る能力が衰えて来ています。
教室の中、距離の離れたところから話す先生の声を聞きとれない子どもがいます。
人の声を認識できないのです。
それは、話しかけている回数が多いか少ないかで能力の差が出てきているのです。
生まれた時からTVやDVDで育つと人の声に対して反応が少ないのです。

目を合わせられなかったり、声をかけても反応が少ないといった状態が見られたら要注意ですよ。

話しかけが足りないと思ってください。
1対1なら聞くことができても集団となると、自分に向かって話されていることがわかりません。
さらに人の声に対しての反応が薄いお子さんは、先生の話を聞くことが難しく、聞いていても脳に伝達して理解するのにとても時間がかかったり、わからないままに通りすぎてしまいます。

そうならないうちにしっかりと目を見て今の状況を言葉で伝え、今の気持ちを代弁して言葉のシャワーを浴びせましょう。
言葉が脳に伝達されないので脳の発達も遅れます。考える習慣も少なくなりますからすべて受身な考え方になっていきます。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 いかがでしたでしょうか。話しかけることが少ないと、様々な面で支障がでてきてしまうことが書かれています。私自身、こちらの記事を読んだ時、『人の声を聞き取る能力が衰えてきている』という言葉には驚きました。

 リトミックでもSTEP1(1歳児クラス)ではお子様への言葉かけが多く、特に親子での語りかけが多く盛り込まれています。親子間の信頼関係がお子様にとって安心感へと繋がり、少しずつお友達や先生など外の世界へと進んでいくことができるのです。

 様々なことを無限大に吸収する3歳までのとても大切な時期。音楽的なことはもちろん、集中力や思考力、判断力、決断力、想像力、創造力、社会性…などを身に付けることができるリトミック♪一緒に学んでいきませんか(*^^*)♪

2017年05月31日

『LITALICO発達ナビ』からの記事です(^^)

 本日は、『LITALICO発達ナビ』から、【1人ひとりの「感覚の特性」を考えよう!よく聞く感覚統合ってなに?】と言う記事を載せさせていただきます。

 「感覚」とは、私たちの身体の内外から受け取ることができる刺激のことを言います。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感以外に、「固有受容覚」「前庭覚」という大事な感覚があります。

 

 私たちの感覚は、「五感」だけじゃない?

 「感覚」とは、私たちの身体の外から受け取ることができる刺激のことを言います。よく耳にする感覚は、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚とありますよね。
 でも実は「五感」以外にも、「固有受容覚」「前庭覚」という大事な感覚があります。これらは身体を無意識にコントロールするためにはとっても大事な感覚なんです。ここでは、触覚・固有受容覚・前庭覚についてお話します。

 

 ■触覚■

 触覚は、皮膚を通して感じる感覚のことです。触覚の種類は主にこちら

imge27.png alt="LITALICO発達ナビ、触覚の種類"


触覚は触ったり、触られたりすることを感じる感覚で、皮膚を通して感じます。針でチクッと刺された痛み、水を触ったときの温度、毛布の柔らかさなどを感じる感覚です。

触覚には主に,以下の4つのはたらきがあります。

①情緒を安定させるはたらき

 お母さんに抱っこされたときの肌と肌のふれあいや、毛布でくるまれたときの心地よさが情緒を安定させることにつながります。泣いている子どもをあやすときに、優しく背中をさすることもあると思います。これも触覚を通して情緒の安定を促していると言えます。

②防衛するはたらき

 熱いやかんに触れた瞬間に手をやかんからパッと離すことがありますよね。また腕に虫が止まると、サッと払いのけることもあると思います。
 このように皮膚を通して危険を感じたときに防衛するはたらきが、触覚にはあります。

③識別するはたらき

 5円玉と切符が入っているポケットから、5円玉を取り出すとします。私たちはポケットの中を見なくても、間違えずに5円玉を取り出すことができると思います。それは、素材の違いなどを触覚によって識別しているからです。この識別する能力は、手の器用さにもつながっていきます。

④ボディイメージ(身体の地図を把握する)の発達を促すはたらき

 触覚はボディイメージを把握するために必要な感覚です。皮膚は自分の身体と外界との境界にあるため、皮膚から感じる触覚を通して、私たちは自分の身体の輪郭を感じることが出来ます。これらが自分の身体の大きさや長さなどを把握する基になっていきます。ボディイメージを把握できることで「このスペースは通れそうかな?」「天井が低いから身を屈めようかな?」と環境との関係性を把握することに繋がってきます。

 

 ■固有受容覚■

 自分の身体の位置や動き、力の入れ具合を感じる感覚です。固有受容覚の種類は、このようなものがあります。

image28.png alt="LITALICO発達ナビ、固有受容覚"

 

固有受容覚は自分の身体の位置や動き、力の入れ具合を感じる感覚です受容器は筋肉や関節です。
固有受容覚には主に以下の6つのはたらきがあります。

①力を加減するはたらき

 机や椅子を運ぶ時はギュッと手に力を入れて持ちます。逆に豆腐や卵を持つときはそっと優しく持ちますよね。このように活動によって私たちは力を加減しています。そのときに重要な役割を果たしている感覚が固有受容覚です。

②運動をコントロールするはたらき

 ジェンガを行う時はゆっくりと手を動かす(肩・肘の関節をゆっくり動かす)と思います。このように関節をゆっくりと曲げ伸ばしできるのも固有受容覚がしっかり働いているからです。

③重力に抗して姿勢を保つはたらき(抗重力姿勢)

 手を使った活動をするときには重力に抗して身体を持ち上げて姿勢を保つ必要があります。このように身体を持ち上げて持続的に姿勢を保つのは固有受容覚のはたらきです。

④バランスをとるはたらき

 バランスをとるときに自分の身体の傾きを感じるのは主に前庭覚のはたらきですが、転ばないようにすばやく筋肉を調整して姿勢を保つことは主に固有受容覚のはたらきです。

⑤情緒を安定させるはたらき

 例えば緊張している時に貧乏ゆすりをしたり、イライラしている時に奥歯を強く噛んで口に力を入れたりしたことはありませんか?このように固有受容覚を感じることで情緒を安定させるはたらきがあります。

⑥ボディイメージ(身体の地図を把握する)の発達を促すはたらき

 固有受容覚は触覚とともに身体の地図を把握するために必要な感覚の一つです。

⑦ボディイメージ(身体の機能を把握する)の発達を促すはたらき

 固有受容覚は前庭覚とともに身体の機能を把握するために必要な感覚の一つです。特に、固有受容覚は手足の動きを把握する上で重要な感覚であり相手の動きを真似したり無意識に(リズミカルに)手足を動かしたりすることに大きな役割を担っています。

 

■前庭覚■

 「前庭覚」は、自分の身体の傾きやスピード、回転を感じる感覚です。前庭覚の種類は、このようなものがあります。

image29.png alt="LITALICO発達ナビ、前庭覚"

前庭覚は自分の身体の傾きやスピード、回転を感じる感覚です。受容器は耳の奥にある耳石器と三半規管です。前庭覚には主に以下の5つのはたらきがあります。

①覚醒を調節するはたらき

 前庭覚は覚醒(脳の目覚め具合)と大きく関連しています。例えば授業中に眠くなったとき、頭を振って目を覚まそうとした経験はありませんか?これは脳がぼんやりしているときに、前庭覚を取り入れることでシャキッと脳が目覚めてエンジンがかかりやすくなるからです。

②重力に抗して姿勢を保つはたらき(抗重力姿勢)

 私たちが地球上で生きていくためには身体が重力に負けていては生活できません。何か活動をするときには重力に抗して身体を持ち上げて姿勢を保つ必要があります。この重力を感じるのは前庭覚のはたらきです。

③バランスをとるはたらき

 バランスをとるときに自分の身体が傾いているかどうかを素早く感じるのは主に前庭覚のはたらきです。

④眼球運動をサポートするはたらき

 くるくる回転したら目が回りますよね。これは回転という前庭覚が眼球を動かす筋肉と連動し、目が回るという仕組みで起こります。このように前庭覚と眼球を動かす筋肉には関連があります。

⑤ボディイメージ(身体の機能を把握する)の発達を促すはたらき

 前庭覚は、固有受容覚とともに自分の身体の機能を把握するために必要な感覚の一つです。身体の機能が把握できることで、この距離なら跳べるかな?この高さなら飛び降りれるかな?などを把握し適切に環境への挑戦を行うことができます。

 

感覚が統合していくと、できることが増えていく

 これまでご紹介した様々な感覚は、「統合」されることで新たな機能を獲得していきます。例えば「姿勢をまっすぐ保って座る」という動作。これは、バランスの感覚(前庭覚)と、重力の働きにあらがう力(固有受容覚)がともに発達していくことで、できるようになっていきます。
 私たちが毎日無意識に行っている動作や行為は、感覚が下支えとなっています。上手に着替えができない、縄跳びが飛べない、不器用、などお子さんの躓きに直面したら、克服しようと練習する前に、お子さんの今できること、今苦手なことをよく考えてみるのも良いでしょう。誰かと比較するのではなく、お子さん自身が今できていることを土台に、工夫を見つけていきたいですね。

 

成長を見据えて大切にしたいこと

 感覚の種類や、統合についてご紹介しました。着替えや運動など、生活の中でお子さんの躓きに気づいたときは「これがもう少し出来るようになってほしい」「出来るようになったら、もっと生活がしやすくなるのに」と、思うこともありますよね。
 ですが自宅で成長を促したいと工夫をするときには、お子さんが楽しんでいるかどうかを意識してみましょう。「練習」ではなく、「ゲーム・あそび」で取り組むできるまでくり返す」ではなく、お子さんが「もっとやりたい!」と思っていたら続けるなど、お子さんの「楽しい!もっとやりたい!」という気持ちを大切にしていきましょう。

 

監修者

高畑 脩平 先生
白鳳短期大学 リハビリテーション学専攻 作業療法学課程 講師
奈良教育大学特別支援教育研究センター 研究員
奈良県障害者総合支援センター
作業療法士

2017年05月10日

音楽ジャーナリストの菅野恵理子さんの記事を載せさせていただきます♪

 ピティナHPに掲載されている菅野恵理子さんの『海外の音楽教育ライブリポート』内に「今こそ音楽を!」と言う記事がありました。今後ますますグローバル化する社会において、音楽教育にできることとは、と言う視点で記事が書かれています。その中にピアノ、リトミックの記述もありましたので載せさせていただきます。

 

第1章:社会的観点から
♪成長社会から、成熟社会へ


 なぜピアノを習うの?音楽が好きだから! それで十分、それが一番!

 でも今、あえてそれを問いかけてみたい。なぜピアノを 弾くのか、ピアノを弾くとどう成長するのか、なぜ音楽を学ぶのか、音楽は社会の中でどんな意味を持つのか、 社会は何を求めているのか、これからどのように学んで いくべきか・・・?

 今、社会が大きく変化している。特に21世紀に入 り、IT化やグローバル化によって社会環境は一変した。 世界中の情報やモノが溢れている今、我々は消費や所有よりも、自己実現や他人との交流を通して心の充足感を 求めるようになった。20世紀社会が追い求めていた経済成長モデルが、精神的な豊かさや幸福感までを保証するものではない、と気づいた結果なのである。

  欧州では数年前から、個人の幸福度を測る新しい指標" 超GDP"を開発し、これに沿った国家戦略が実施され始めているそうだ。国全体の経済発展よりも個人の幸福度増大を重視し、教育水準・健康度・健康寿命・安全度な どを計るもので、「新指標での数字を高めることは、間接的に、迂回路を通じてではあるが、経済を発展させ、 成長を続けていくことにもつながっている」
(『世界で一番 豊かな国日本~成長幻想を打ち壊した国連調査』福島清彦著、p91)。アメリカも非公式ながらこの重要性を認め、独自の指標を開 発しているという。

 日本でもワーク・ライフ・バランスを追求し、労働時間の効率化や余暇時間の充実化を求める人が増えている。

 個人の幸福度を高めること が、ひいては社会や国や地球環境にも良い影響を与える。だから、ゆっくり呼吸をし、身の回りを見つめ直し、心のあり方に気を配る、そうした目に見えない価値を大事にする人が増えているのではないだろうか。これは音楽や芸術のあり方にも通じる。


♪教育には、より人間らしさが求められる


 社会の変化によって、教育のグローバル化も進んでいる。といっても、単に英語や外国語の学習時間増ではない。世界中どこでも学べる、という学習環境の変化だけでもない。「学び方」や「評価の方法」が変わるということである。たとえばフランスでは学術資料や問いかけを通して、考察力・分析力を養う。

 アメリカで提唱された予習先行型の授業(“反転授業”)では、予習で知識を入れておき、授業ではグループワークを行って問題発見力・問題 解決力を養う。世界中の学術情報や専門知識がオンラインで瞬時に検索できるようになった今、「知識の大量暗記」よりも「知識をどう活用して問題解決するか」とい う思考力や考察力が評価対象となるのは、自然な流れである。今日本で、その評価方法が開発され始めている。

 このような人間本来の知能を生かす教育はますます重要になるだろう。というのも人口知能の開発が急速に進み、近い将来、一部の職業はロボットに替わるといわれている。そこで今、人間にしかできないことは何か、人間本来の感性・知能・身体をどのように生かせばいいのか、人間らしさとは何か、を問い直す時がきている。

 では音楽を学ぶことによって、何が養われるだろうか。 今回は「社会は何を求め、音楽には何ができるのか」という視点で考えてみたい。


1 表現する力
♪表現したい本能は赤ちゃんから 大人まで

 

 人には感情や意思があり、それを伝えたい本能があり、それが身体や言語を通して表現される。赤ちゃんは手足をバタバタさせながら、お腹すいた!こっち向いて!など本能のままに意思表示する。また子どもは全身と五感を駆使しながら、遊びをとおして人や世界との関わり方を発見していく。さらに成長すると、自分の感情をより多様かつ洗練された方法で表現したい、より多くの人に意思を上手に伝えたい、もっと大きな世界を知りたい、という欲求が出てくる。その様式化されたものが音楽や芸術である。言語表現であれば文学や詩、身体表現であれば楽器演奏、舞踊、絵画などである。

 表現することは、人間の成長に欠かせない。20世紀初頭の英小児科医・精神分析医ドナルド・ウィニコットは、個性の発達や民主的な市民精神の形成には、子どもにとっては遊びが、大人にとっては芸術が重要な役割を果たすとした。「人間の生における芸術の役割は、何と言っても感情移入の能力を養い、 伸ばしていくことにあると考えたのです」(『経済成長が すべてか?―デモクラシーが人文学を必要とする理由』マーサ・C・ヌスバ ウム著、小沢自然・小野正嗣訳、2013年)。

 しかし、時にそれが欠けてしまうことがある。その 一例として著者は19世紀哲学者ジョン・スチュワー ト・ミルを挙げ、幼少期から言語・歴史・科学の優れ た教育を受けていたが、想像力の資質が養われるこ とがなく青年期に憂鬱になり、やがてワーズワース の詩に出会ってから自らの感情を開放し他人にも思いやりの心を持てるようになった、としている。幸せのための
「感動」を分析する。

 

♪表現様式を知った先にある世界

 では、どのように表現の世界に入っていけばいいだろうか。全身を動かし て音楽を表現するリトミックは、創造性豊かな遊びから芸術体験への一歩といえそうだ。スイスの音楽家エミール・ジャック・ダルクローズが創案し、心身の調和、音楽性、ソルフェージュ能力などを高めることを目指した音楽教育である。幼児の自律心や集中力の育成、他人との触れ合いなど様々な教育的要素を含むため、「音楽のスキルのみならず、人が人として生きていく上で大事なもの、ヒューマニズムを 音楽を通して気づかせることができます」(神原雅之氏 談/国立音楽大学副学長・日本ダルクローズ音楽教育学会理事)。

 人は成長するにしたがって、より多様で複雑な表現を求めるようになる。ピアノやヴァイオリンなどの楽器はその可能性を大きく広げてくれる。音楽の世界には、人間の喜怒哀楽、信仰、想念、ユーモア、風刺、歴史、土地、民族、舞踊、自然、抽象的概念など あらゆるものが存在し、それが時代様式や楽曲形式にしたがって表現されている。だからこそ、その様式や語法を学ぶことによって作品の真意を知ることができる。特にピアノ曲だけでも数万曲あるが、人の表現力の幅広さ、深さ、凄みははかり知れない。

 どんな小さな曲でも、それを弾くことによって、きっと今までに経験したことのない未知の世界が広がるだろう。

 では、その先に待っている世界はどんなものだろう か。そこには国籍や立場を超え、心をオープンにして共鳴しあう姿がある。こちらに、2012年度リーズ国 際ピアノコンクール審査員の一言をご紹介したい。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

「ピアニストがステージに出てくるたびに、私は自分の心をオープンにし、彼らが私の心に語りかけ、 自然に涙をもたらしてくれる瞬間を待っているので す。「この人こそ私が待っていたピアニストだ」と。 そのピアニストが心から愛している曲を弾き、そこから愛情と高揚感が自然に溢れ出て、我々もそれを愛さ ずにはいられない、それはまさに魔法の瞬間です」(ロバート・レヴィン氏、ピアニスト・元ハーバード大学音楽学科教授)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

菅野 恵理子(すがのえりこ)
 音楽ジャーナリストとして各国を巡り、国際コンクール・音楽祭・海外音楽教育などの取材・ 調査研究を手がける。『海外の音楽教育ライブリポート』を長期連載中(ピティナHP)。著書 に『ハーバードは「音楽」で人を育てる~21世紀の教養を創るアメリカのリベラル・アーツ教 育』(アルテスパブリッシング・2015年)、インタビュー集『生徒を伸ばす! ピアノ教材大研 究』(ヤマハミュージックメディア・2013年)がある。上智大学外国語学部卒業。在学中に 英ランカスター大学へ交換留学し、社会学を学ぶ。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会勤務 を経て現職。2007年に渡仏し「子どもの可能性を広げるアート教育・フランス編」を1年間連 載。ピアノを幼少・学生時代にグレッグ・マーティン、根津栄子両氏に師事。全日本ピアノ指 導者協会研究会員、マレーシア・ショパン協会アソシエイトメンバー。

 

2017年05月09日

あらためて、リトミックⅣ~リトミック教育~

 ゴールデンウィークも終わり、お出かけをしたり、いつも行けないところへ遠出してみたり…お子様たちとたくさんの貴重な経験ができた方が多いのではないでしょうか。また、普段はお仕事に行ってしまうお父様との時間を有意義に過ごされたことと思います(*^^*)

 今日からまた幼稚園保育園、学校、そしてお仕事もスタートですね。きらきらと眩しい日差しの中、清々しい気持ちでスタートが切れそうです!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 さて、本日はリトミック教育についての第2弾です。

 前回は、「見て」「聴いて」「触れて」感じ感動する心が考えることへと結びつき、想像や創造へと繋がっていくとお話させていただきました。そして見るもの聴くもの触れるもの、考えていることを全身で表現することによってはじめて感じる心を育むことが出来るのです。これらの行動は、幼児のイメージ能力を大きく成長させ、心に浮かんだことを表現する力を育んでいきます。

 特に3歳までの幼児期は模倣期にあり、何でも真似をして育っていきます。実際、どこで覚えてきたのかしら、と思うようなことを行動したりお話したり、テレビの歌やダンスを一生懸命真似したり、ご両親とのいつもの会話によく出てくる言葉を覚えていったり、時には口癖も真似されてしまい、こんなことまで覚えてしまったのね(笑)なんて言うこともあるかと思います。模倣期ではここまで吸収力あるのか、と驚かれるかと思いますが、それと同時にいかにご両親やまわりの人が豊かに表現してあげることが大切なことなのかお分かりいただけるかと思います。

 美しいお花を見て「きれいだな~、いい香りだな~」と言う感覚は、最初から備わっているわけではありません。「きれいだね~、いい香りだね~」と表現する姿を見て真似しているうちに、本当に美しいと思うようになるのです。そして幼児は、これらの感覚を一生持ち続けることになります。

 リトミックでは自然・動物・植物・生活など、幼児の身近な事柄をテーマにして、音楽を通して表現していきます。感情・情緒を伴った音楽の刺激を受けながら表現していくのです。

 感じる心は、注意力集中力に依存することが多く、先生の音楽を注意深く聴き、即座に反応し、全身で表現することの中で「即時反応力」「注意力」「集中力」「記憶力」「思考力」などの力を養っていきます。

 リトミックの創案者であるダルクローズは、「これらの学習を効果的にするためには、ゲーム性を持たせ、知的に遊んであげることが大切であり、それが喜びを伴うことになる」と言っています。そしてその”喜び”は幼児にとって、すべての刺激の中で最も強いものなのです。リトミックはまさに、学びが楽しいと思える第一歩なのだと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 4回に分けてリトミックについてお話させていただきました。少しはどんなことをやるのかな?どんなことが身に付くのかな?と言ったことがお伝えできたでしょうか。

 あとは実際に体験していただくことが何よりです!リトミックはもちろん、ピアノも体験レッスンを設けておりますので、実際に「見て」「聴いて」感じてみてください(*^^*)お待ちしております♪

2017年05月08日

あらためて、リトミック♪Ⅲ~リトミック教育~

 今日は5月5日こどもの日、ですね(^^)端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれます。国民の祝日に関する法律、祝日法2条によりますと「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨だそうです。(Wikipedia参照)

 こどもと言えど決して親の所有物ではなく、自立し自らの足で歩んでいく我が子を、見守り支える親でありたいと思います。また、いくつになってもここまで育ててくれた両親に感謝の心を忘れることなく、これからも精進してまいりたいと思います

 さて、3回目となりました「あらためて、リトミック」。本日はリトミック教育についてお話させていただこうと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 リトミック教育は、音楽教育だけのためにあるという考え方が、まだまだ根強いように思います。もちろん音楽教育を主としたことには違いありません。しかし、リトミックを創案したエミール・ジャック=ダルクローズが著書『リトミック・芸術と教育』の中で「リズム運動を教えることは音楽を基盤とするものではあるが、単に音楽学習に留まらず、むしろそれ以上に一般教養の一体系なのである」と言っているとおり、決して音楽のためだけの教育ではないのです。

 人間がより人間らしい生き方をする。それは物を「見て」「聴いて」「触れて」感じ、そして感動することが出発点になると思われます。感じたり感動したりする心が考えることに結びつき想像や創造へとつながっていくのです。そうだとすれば、まず感じ感動する心を育てることが第一です。もちろんこれはリトミック教育だけで果たせるわけではなく、日常の生活全般の中で育んでいかなくてはなりません。

 そしてこれは物に対してだけでなく、人との関わり方も同じことが言えると思います。日本人は今、人の心を読み取ることができなくなってきていると言われています。近年は特にスマートフォンやSNSが急速に発達し、残念ながらコミュニケーション不足から発展してしまったニュースも多く聞くようになりました。

 子育てでも、人に迷惑をかけてしまうことばかり気にかけてしまい、お子さんを叱るけれども本当はもっと大切な相手の気持ちを考えて、次の行動をどうするかを考えさせるような言葉を掛けられないこともあるのではないでしょうか。叱られたのでその場ではやらなくなっても、それ以上深く考えることをしないのでまた同じことを繰り返してしまう…。そうなると親御さんも「また同じことを!」と思ってしまいますよね。

 リトミックのレッスンでは、特にSTEP1(1歳児さんのクラス)でこのようなコミュニケーションに関する題材のレッスンを数多く行います。まず第一に親子でのやり取りを大切に行っていきます。そして挨拶や「ありがとう」「ごめんね」など、どのような場面で、またどのような気持ちの時に使う言葉なのか…。音楽的なことはもちろんですが、社会性も様々な角度から学び、身につけていきます。お子様にとって親子での絆が何よりの安心感へと繋がり、少しずつお友達とのコミュニケーションを取ろうと外の世界へと歩みだしていくのです。その土台とも言える心の育みを、リトミックを通して行っていきます。

 幼児は身体全体、頭のてっぺんから足の先まで全てが頭脳です。見る、聴く、触れる、そして味覚、嗅覚(お食事や、お外に遊びに行った時のお花の匂いなど)の五感をフルに使い、あらゆることを無制限に吸収していきます。その幼児にとって、身体全体で感じ考えていることを、今度は全身を使って表現することがとても大切なのです。身体を使って表現することではじめて、感じる心を育てることが出来るのです。これらの行動は、幼児のイメージ能力を大きく成長させ、心に浮かんだことを表現する力を育んでいくのです。

次回へつづく…♪

2017年05月05日

あらためて、リトミック♪Ⅱ ~即時反応表現~

 今日からゴールデンウィークが始まった方もいらっしゃるのではないでしょうか。今日は朝から爽やかでとても良いお天気!私はピアノを弾いたり、祖母が施設から一時帰宅するので一緒にお話したり、お散歩したりとのんびりと過ごしました(*^^*)

 

 さて、前回は即時反応表現についてお話させていただいたかと思います。今回はその続きをお話させていただきます♪

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 見たり聞いたり触れたりすること、そして分かる、理解する、と言うところから、”表現・行動する”ことが大きな壁となることをお話させていただきました。

 しかしリトミックは、1歳児クラスのSTEP1から下の図のような流れを組み込んだ内容で常にレッスンをしていきます。

 

「見る・聞く・触れる」←  ←
   ↓            ↑
「分かる・理解する」
   ↓            ↑
「表現・行動する、感動する」
   ↓            ↑
「認知する(自分の表現・行動を見直す)」

 

 これら一連の流れを即時的にすることで集中力記憶力反射反応力を高め、音楽に必要な諸要素を無理なくからだに染みこませていきます。
(即時反応のことをQuick Responseとも言います^^ビジネス用語でもあるようですね。)

 

 からだの動きは、心の中の想像力を目覚めさせ、より高めていくことができます。思うことをより豊かに、思ったことを思ったように表現出来る心と身体の一致をさせていきます。

 即時反応表現は、次はこれ、次はこれ、と決められてはいません。リトミックがお遊戯と大きく違う点はここにあります!

 何を表現するにも音楽をよく聴き、その音楽の変化に即時的に反応しながら表現していきます。
先生の言葉ではなく、音楽が言葉となって子どもたちに働きかけるのです。これらのことを繰り返し行い、集中力反応力を高め、それらの力を集結させて表現行動へと導いていきます。

 もちろん最初から誰もがのびのびと表現をし、行動に移せるわけではありません。前回も、表現・行動に移す前に、恥ずかしいな、他の人と違っていたら嫌だな、間違っていたらどうしよう、どんな風に思われるかな…など色々と考えてしまう、とお伝えしたかと思います。
 教室に来てくれる生徒さんも、自分の殻を破るまでの時間は一人ひとり個人差があります。数週間で出来てしまう子、数ヶ月経って出来るようになる子、数年かかる子、など本当に様々です。ご両親にとっては、いつまでもレッスンに参加出来なかったり、ご両親のそばから離れられなかったり、でも家に帰るとレッスンで行ったことをやって見せてくれたり…このまま続けさせて良いものかと悩まれることもあるかと思います。しかし、最初はなかなか殻を破ることができなかったとしても、活動内容が変わっていくうちに、またはレッスンの回が進むごとに、たまたまお休みが多くいつもより少人数のレッスンになった時、親子でレッスンしていたところから子どもたちだけのレッスンになった時…など、ひょんなこと、ひょんなタイミングで殻を破るその日がどんなお子様も必ずやってきます。そうなっていくと、自信に溢れるお顔つきになっていき、その子らしさがどんどん磨かれていくように感じます。他の子と比べてなどということではなく、本当に一人ひとりが違う輝き方をするのです。

 この様な経験は、子どもたち本人は「表現したほうが良いから動こう」などと頭で考えて動くと言うよりも、楽しくゲームのような感覚の中で行っていく為、遊びながら身に付けていく感覚、と言った方が近いかもしれません。なんだか遊んでいるみたいでレッスンなのかしら、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが実は奥の深いことを行っているのです。

 リトミックを通し、お子様の成長を一緒に感じていただければ嬉しいです(^^)

 

 二回に渡り、リトミックにおける即時反応表現についてお話させていただきました。次回もどうぞお楽しみに…(*^^*)

 

2017年04月29日

あらためて、リトミック♪ ~即時反応表現~

 新年度、新学期が始まりあっという間に1ヶ月が経とうとしていますね。新しい環境、生活にも少しずつ慣れてきた頃でしょうか(^^)

 そしてもうすぐ大型連休、ゴールデンウィークも始まり、各地で賑わいを見せそうですね。皆さんもご予定は決まりましたでしょうか?♪私は実家でのんびり、となりそうです。

 

 ❀国営ひたち海浜公園 ネモフィラ❀ お散歩しに行ってきました。

IMG_0133.JPG alt="ピアノ・リトミック教室Misuzu Music House。4月満開を迎えた国営ひたち海浜公園のネモフィラを見に行ってきました。"

 

 さて、Misuzu Music Houseも開講から1年が経ちました。本当にありがたいことに、体験レッスンやご入会のお申し込みをたくさんいただき、少しずつレッスン枠も埋まってまいりました。お問い合わせの際にはご希望の曜日やお時間をお尋ねくださいね(*^^*)

 ピアノのお問い合わせも多いのですが、リトミックのお問い合わせもいただきます。ただ、リトミックって聞いたことあるけれど、あらためてリトミックってなんだろう、どんなことをやるのだろう、と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今後数回に分けて少しずつお伝えしようかと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 まずリトミックは、お遊戯などと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、それは違います。

お遊戯は音楽や歌に決められた振り付けをし、踊りのような形式を取ったり、セリフを付け演劇形式を取ることが多いかと思います。

 リトミック教育の中に、”即時反応表現”という重要な項目があり、1歳児クラスのSTEP1の小さなお子様からこの項目に取り組んで行きます。そしてこの即時反応表現は音感リズム感拍子感その他の学習全てに含まれます。

 見たり聞いたり触れたりすること、そして分かる、理解する、と言うところまでは難しくなく出来たとしても、そこから”表現・行動する”ことが大きな壁となります。(※表現とは自分の感情や思想・意思などを形として残したり、態度や言語で示したりすることである。Wikipediaより)

 恥ずかしいな、他の人と違っていたら嫌だな、間違っていたらどうしよう、どんな風に思われるかな…などなど、表現・行動する前に大人でも色々考えてしまうと思います。(私もどちらかと言えば自分を表現することが苦手で、上記のようなことを考えてしまうことも多くありました。)

 昨今でもよくコミュニケーション力の話題が取り沙汰されているかと思います。自分の考え、思い、そして理解していることや分かっていることを、相手に伝えられるように表現・行動する、これらのことは思っているよりも大変難しいことだとお分かりいただけるかと思います。

 

ではリトミックを行っていくとどうなっていくのでしょうか… 次回へつづく♫

2017年04月27日

Misuzu Music House看板が取り付けられました(*^^*)

 桜の開花から1週間余り…暖かい日もありましたが、今日は寒いですね(><)満開のお花見はもう少し先になりそうです。

 

 雨はギリギリ降りませんでしたがこの寒空の中、Misuzu Music Houseの玄関に看板を取り付けていただきました!

logo.png alt="PRINT BOX"

 看板製作を担当してくださったのは私の妹夫婦のご友人で、本当に細部までこだわって作っていただきました。デザイン画を何通りも出していただき、大きさから質感や色味、そしてお値段のことも色々とご相談にのっていただきました。

 今までも簡単な看板は出していましたが、強風で飛ばされてしまうことが多く、なかなか外に出せないでいました。体験レッスンにいらした方も、通りかかった時に看板を見て…とおっしゃっていた方もいらっしゃったので早く取り付けなければ!と無理を言って作っていただきました(^^;)

 でもこれでピアノ教室だとわかっていただけるかなと思います(^^)素敵な仕上がりに本当に大満足です♪もし通りかかった際には見ていただけると嬉しいです(*^^*)

 

IMG_9331.JPG alt="Misuzu Music Houseの看板が出来上がりました"

丸みを帯びたピアノの形がお気に入りです♡


IMG_9327.JPG alt="Misuzu Music House看板が取り付けられました!"

外観の雰囲気に合わせて作っていただきました☆


2017年03月31日

リトミック修了式♫

 今日は成田でも雪が舞うほど寒い1日ですね。スプリングコートに衣替えしたのにダウンが恋しくなってしまいます(><)

 さて、今日は今年度最後のレッスン♪リトミックのクラスでは、レッスンの最後に修了式を行いました。

 STEP1

 教具の中にあるおさんぽ絵本にあらかじめお父さん・お母さんからお子様へのメッセージを書いてきてもらい、レッスンの中で読んでいただきました。生徒ちゃんは私のお膝で、お母さんの声に耳を傾けます。私の方がうるうるしてしまいましたが、読み終わった直後に生徒ちゃんが「もう1回~(*^^*)」と可愛く言うので、思わずみんなで大笑い♡お母さんにはもう一度読んでいただきました。

 そのメッセージのお隣に手形を押してもらったのですが、お母さんも「産まれた時以来だぁ~」と喜んでいらっしゃいました。生徒ちゃんはちょっぴり神経質、と言うかおててが汚れるのがあまり好きではないらしく、今までものりを付けて紙を貼る作業もどちらかと言えばちょこっとやって、後は自分でお母さんに指示を出して(この姿もとっても可愛らしいのですが♡)貼ってもらうことが多くありました。でも今日は自分でインクの色を選び、ばっちり押すことができました!

 

IMG_9228.JPG alt="Misuzu Music Houseリトミック修了式"IMG_9230.JPG alt="Misuzu Music Houseリトミック修了式"

 修了書もお渡ししてパチリ☆

IMG_9232.JPG alt="Misuzu Music Houseリトミック修了式"IMG_9265.JPG alt="Misuzu Music Houseリトミック修了式"

 来年度もSTEP2で一緒に楽しくリトミックしましょうね♪元気に来てくれることを楽しみにしています!

 

 STEP3

 今日は初めてお父さんもリトミックに参加してくださいました。そのためか生徒ちゃんは来たときからなんだかいつもと違い、そわそわ…でもなんだかとっても嬉しそう!

 先週のレッスンでお母さんは「一緒に動くのは私でパパは見ているだけかな~」と言っていましたが、率先して動いてくださいました♪その姿を見ていて私もとても嬉しかったです。いつも頑張り屋の生徒ちゃんですが、いつも以上に張り切って活動していました。

 たくさん動いた後、お父さんお母さんの見守る中、修了式です♪ちょっと恥ずかしそうな生徒ちゃん♡照れくさそうに修了書をもらってくれました。

IMG_9241.JPG alt="Misuzu Music Houseリトミック修了式"

 お父さんお母さんとの3ショット☆

 私とのお写真は恥ずかしがって?なかなか撮ってくれず逃げようとする生徒ちゃん♡笑

 来年度もSTEP4で楽しく、そしてちょっぴり難しくなっていくけど頑張ろうね!

STEP4はお友達も一緒にリトミック、どんな成長を見せてくれるのか今から楽しみです(^^)

 

 

2017年03月27日

Misuzu Music House第1回おさらい会♪

 桜の開花が発表されましたが、今日はあいにくの雨。恵みの雨と言いますが、やはり晴れ渡った、晴天の空が大好きな私です(*^^*)

 さて、今日はMisuzu Music Houseに通ってくれている生徒さんたちによるおさらい会を行ないました♪教室を立ち上げてから早くも1年…保護者の方々には様々な面でご理解をいただき、ご支援をいただきながら、なんとかここまでやってくることができました。多大なるご厚情に感謝感謝です!

 おさらい会では生徒さんたちは好きな曲、この1年間で思い出に残った曲など、思い思いの曲を演奏していただきました。年中さんから小学6年生までの演奏でしたが、

「うちの子にもこんな時期があったな~」

「思ったよりも堂々と演奏できて驚きました」

「お兄さんお姉さんのようにこんな曲が弾けるようになりたいね」

「練習ではばっちりだったのに本番は間違っちゃった!悔しい!」

「発表会よりも緊張しちゃった!」

など、保護者の方や生徒さん本人からお話をいただきました。

 人前で演奏することは思ったよりもエネルギーを必要とすることです。ドキドキもするしちょっぴり逃げ出したくなる時もあります。ただ、人前で弾く習慣がついてしまえばそれが当たり前になっていくのです。私は発表会などでの演奏は嫌いではありませんでしたが、ちょっと弾いて、と言われて弾くことが苦手でした。生徒さんたちにはどんな時でも堂々とお披露目してほしいな、との願いから今回第1回目のおさらい会を実施致しました。

 あとは目標を作る、ということが成長の過程でとても重要なことなのだとあらためて感じました。今後の夢、大きな目標ももちろん大切な原動力です。ですが小さな、身近な目標地点を定め、それを達成しようと努力をし、達成したらまた新しい目標を作ってそこに向かっていく…。発表会が終わってちょっとのんびりしていた子も、受験でピアノをしばらく触れなかった子も、毎日コツコツと努力を続けている子も、やはり本番の日程が決まるとピシッ!と気持ちが引き締まったように感じます。特に今回は自分で曲を選んでもらったのでとても良い目標になったのだと思います。

 演奏した後のお顔はみんな堂々としていて、やりきった!と誇らしげで、そしてキラキラと輝いていて…そんなお顔の生徒さんたちを見ることができて、私はとってもとっても幸せです。そんな生徒さんたちに感謝です。

 そろそろ来年度の発表会、『第2回 みんなのコンサート』も考え出そうと思います♪そして今回のようなおさらい会も、これからも定期的に行っていこうと思います(^^)

 明日はリトミックに通う生徒さんたちの最後のレッスン♪最後のレッスンには修了式を行います。また来年度、どんな発見をさせてくれるのだろうと今からワクワク!楽しみです(>U<)

 

IMG_9224.JPG alt="Misuzu Music House第1回おさらい会"

 

IMG_9226.JPG alt="Misuzu Music House第1回おさらい会"

生徒さんたちとお写真を撮り忘れてしまうという大失態…(T∩T)
残念ですが会場の様子だけでも…☆


IMG_9220.JPG alt="Misuzu Music Houseみんなのコンサートの発表会DVD"

発表会のDVD♪プロが撮ったわけではないのでアングルや画質などは決して良いとは言えませが、記念に…♪生徒さんたちのお写真を入れてお渡ししました(*^^*)

 

2017年03月26日

ベネッセ教育情報サイト 3/21(火) 10:00配信の記事

子どもに「リトミック」を習わせるメリットってどんなこと?

benesseks.png alt="ベネッセ教育情報サイトの記事です"

 

 

音楽に合わせて踊ったり歌ったりすることで、お子さまの健やかな成長を支えてくれるプログラム、リトミック。乳幼児を育てている保護者なら、聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか。幼児期に習わせたい習い事でも水泳やピアノなどと並び人気の習い事のようです。

リトミックは主に音楽にふれるため、リズム感や歌唱能力など音楽的要素育成のためのプログラムと思っていませんか? 実はそれだけではありません。感性をみがきながら、体と心、そして脳の発達も促していくこともできるのです。
ここでは、そんな魅力的なリトミックについてご紹介しましょう。


児童心理学や大脳生理学の観点から誕生したリトミック


そもそもリトミックとは何でしょう? それはスイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック=ダルクローズが提唱した音楽教育法のことです。
リトミック誕生のきっかけは、ダルクローズが学生を指導する際に、「どうしたら音楽的感性を高めることができるのか?」という悩みを抱いたからだそうです。
そこで行き着いたのが、ピアノなどの演奏技術を早くから学ぶのではなく、「音をつくったり、音楽を奏でたりすることの楽しさを体で感じることが大切」ということでした。これは、児童心理学や大脳生理学の観点から導き出した答えでした。


体や心、そして脳の成長をバランスよく


では、リトミックはなぜ人気があるのでしょうか?
実は、子どもには音やリズムを感じることで自分を表現しようとする能力があります。そのため、リトミックを通して音楽的感性がみがかれるだけではなく、自己表現を豊かにすることができるのです。
また、リトミックが他の習い事と違うのは、いろいろなものと組み合わせられることです。例えばダンスやボール遊びなどで体を動かしたり、カルタやカード遊びなどで脳を刺激したりもします。なかには英語と組み合わせて教えているところもあります。
これらによって、人間形成に欠かせない集中力や自立心、競争心、好奇心、協調性、感受性、即時反応力などいった要素をバランスよく育てていくことができるのです。

 

施設によって違うリトミックのカリキュラム


お住まいの地域にリトミック教室などが開設されているという場合もあると思いますが、実はリトミックは学校教育とは違い、決められたカリキュラムはありません。施設や教室、先生によってその内容は違うのです。ただ大きな枠組みに大差はありませんので、おおよそのカリキュラムをご紹介します。

0~1歳児……ひとり歩きがまだできないこの頃は保護者の膝の上で音楽を感じることからはじまります。タンバリンなど叩くと音の出る楽器を使うところも多いようです。

1~2歳児……この頃は人まねの天才ですから、保護者と一緒に音楽を通していろいろな反応をさせます。先生のピアノに合わせてダンスをしたり、音楽を聴きながらお絵かきをしたりといった教室もあります。また徐々に友だちとの関わりを増やしていくことで協調性や競争心なども引き出していきます。

2~3歳児……ひとりでいろいろなことができるようになる年頃ですね。保護者から離れてダンスや歌唱などをひとりで行えるようになります。鍵盤にふれる機会を増やす教室もあるようです。


指導形態は千差万別。お子さまのスタイルに合わせて


リトミックは、幼稚園で実施しているところもあれば、リトミック専門の教室、地域の会館やインストラクターの家で行うサークルなどその形態はさまざまです。ご家庭のスタイル、あるいはお子さまの性格などに合わせてどう取り入れるのがいいのか検討してください。

参考:
リトミック研究センター 

image4.png alt=”リトミック研究センター。Misuzu Music Houseの紹介もあります。”

 

 

どうぞご参考になさってください(*^^*)

2017年03月21日

体験レッスン♫ 2017/2/26

 今日は日差しも暖かく、春を感じることのできた1日でしたね(*^^*)
久しぶりの休日となった今日、初めて自宅でパンを焼きました。ケーキ作りは幼い頃から好きで行っていましたが、パンは初挑戦!くるみとレーズンのベーグルだったのですが大成功でした。パンの焼きたての香りは至福のひととき…ポカポカの日差しの中ゆっくりまったりランチを楽しみました♫

 

 さて、26年度もあと少し、生活が色々と変わる新しい年度も近づいてきましたね。上の学年へと上がり、卒園卒業、そして入園入学…新しくお仕事を始められる方もいらっしゃることでしょう。
 春は始まりの季節…何か新しいことが起こるのでは、とわくわくする季節でもあります。陽光が降り注ぎ、花があちこちに咲き始め、新緑がきらきらと輝いて、生命・大地が動き出す。私はそんな春が大好きです(^^)
 変化が大きく忙しい毎日ですが、そんな時、頭に思い浮かべる中に「何か新しく習い事を始めたいな」ということがあるかと思います。でもそんな気持ちとは裏腹に、新しいことを始めるというのはとても勇気のいることですよね。生活はどんな風に変わるだろう、どんなところだろう、先生はどんな先生かな、どんなことをやるのだろう、楽しいかな、辛くないかな…不安に思う気持ちはとてもよくわかります。そんな気持ちを一度、体験レッスンで打ち明けてみませんか(^^)?
 Misuzu Music Houseでは無料の体験レッスンを設けており、ありがたいことに2月に入った頃から体験レッスンのお問い合わせが増えております。
 リトミックの体験レッスンも既存のクラス(現在STEP1,STEP3クラス)であれば、月曜日11:00~STEP1、15:00~STEP3を体験、見学していただけます。(3月は6・13・20日の3回レッスンがあります♫)他のクラスはお問い合わせくださいね。
 ピアノの体験レッスンも随時受け付けております。ただ、来年度のレッスンスケジュールも埋まってきていますので、もしお悩みの方がいらっしゃいましたら一度お越しになりませんか(*^^*)?お待ちしております♪

2017年02月26日

新春 2017/1/7

 明けましておめでとうございます。本年もMisuzu Music Houseを宜しくお願い致します(*^^*)

 元旦は初日の出を拝み、生命の息吹、大自然の雄大さをあらためて感じながら、身体全体で太陽の光を浴びることができました。そして今年は人生で初めて、元日に初詣に行ってまいりました。初詣は行ったことがあっても元日にいくのは初めて!なんだかドキドキわくわく♪心が弾みました。

 お正月は家族恒例の箱根駅伝中継!歯を食いしばって力強い走りを見せる学生たちを食い入るように見ながら、いつの間にかランナーが年下の男の子たちになってしまったなぁとしみじみしてしまいました(^^;)

 ゆったりと三が日を過ごし、いよいよレッスンも開始♪子どもたちはみんな元気いっぱい!ニコニコ笑顔でレッスンに来てくれました。元気なお顔を見せてくれることは本当に嬉しいことです(^^)

 今年も様々なことに挑戦し、様々なことを乗り越えながら私自身成長していけるよう精進してまいりたいと思っております。どうぞ2017年も宜しくお願い致します。

IMG_8354.JPG alt="お正月Var."IMG_8383.JPG alt="初日の出"
2017年01月07日

Misuzu Music Houseみんなのコンサート♪アンケート集計結果♪ 2016/12/13

 先日行われたMisuzu Music House第1回みんなのコンサート♪その際にお配りしたアンケートがほぼ集まってまいりましたので集計したものをお載せしたいと思います(*^^*)

 

☆プログラム表紙☆

image24.png alt="Misuzu Music House第1回みんなのコンサートのプログラム表紙"

☆アンケート☆

image25.png alt="Misuzu Music House第1回みんなのコンサートアンケートを実施"

 

1.2016年度みんなのコンサートはいかがでしたか?

A.良かった     10名

B.どちらでもない  0名

C.良くなかった   0名

理由をお書きください。

  • みんなも先生もじょうずだったから。(生徒本人)
  • 初めての発表会でどうなるかと思いましたが、コンサートで恥ずかしくない演奏をするという目標に向かい、姉妹それぞれ頑張ることができたので良かった。(ピアノ お母様)
  • 今までの大きな会場とは違って、アットホームな感じも良いと思いました。でも全然緊張しなかった~と。(ピアノ お母様)
  • アットホームなかんじでとても良かったと思います。小さい子たちのリトミックもとても可愛かったです。(ピアノ お母様)
  • 他の生徒さんの発表する姿を見て、子どもも刺激を受けたようでした。興味を広げる良いきっかけになったと思います。(リトミック お母様)
  • 残念ながら自分の子供の出番と先生の演奏の一部しか見ることができなかったのですが、アットホームな感じでとても良かったと思います。(リトミック お母様)
  • リトミックのレッスンを見学したようでとても興味深く思いました。娘にも(もっと小さい頃に)習わせたかったです。(ピアノ お母様)
  • プログラムも良かったですし場所も素敵なところでした。クリスマスツリーも良かったです。(ピアノ お母様)
  • 1人1人が自信を持って演奏し、それぞれ個性がありとても良かったです。(ピアノ お母様)
  • ステージと客席が家族に囲まれているようなアットホームな感じが素敵でした。クリスマスな演出が気分を盛り上げてくれました。(ピアノ お母様)

2.印象に残った演奏のプログラムナンバーと、その理由を一言お聞かせください。(複数回答可)

  • リトミックSTEP1,3…体を使っての表現力に感動!(ピアノ お母様)
  • 小さな世界 兄弟連弾…兄弟での演奏が素敵でした。
  • 小さな世界 兄弟連弾…次は自分の子どもにも弾いてほしい!(ピアノ お母様)
  • メヌエット W.A.モーツァルト…弾きたい曲が弾けたから。(生徒本人)
  • 3つの幻想曲或いはカプリスOp.16-1 メンデルスゾーン…緊張感と戦って演奏する姿を初めて見た!!(ピアノ お母様)
  • リトミックSTEP1…とても可愛く、あんなに小さな子でも、キャベツ!と言われると体が反応し動かすことができるのはすごいと思いました。(ピアノお母様)
  • 先生の演奏…久しぶりに生演奏を聴き、少しですが心地よい時間を過ごせました。育児疲れには良い時間でした。(リトミックお母様)
  • ミュージックベル…子どもが一番集中して見ていました。(リトミック お母様)
  • リトミックSTEP1…とにかく衝撃を受けました。とても可愛かったです。(ピアノ お母様)
  • パリの花売少女&赤花のトナカイ(連弾)…やはり娘の演奏を見られた事が感動しました。(ピアノ お母様)
  • 小さな世界 兄弟連弾&JingleBells 姉妹連弾…兄弟姉妹での演奏が、お互いの良いところが表現され素敵でした。(ピアノ お母様)

3.講師演奏についてご意見、ご感想、ご要望をおきかせください。

  • 子どもも「せんせいすごいね~」と言って、釘付けになっていましたが、眠い時間帯と重なっていたこともあり、3歳児には長い曲はまだ早かったようです。今後も様々な曲を聴かせて欲しいです。(リトミック お母様)
  • すべての演奏を聴くことができなくて残念でした。子どもたちのリクエストで演奏していただけると楽しいかもしれません。(リトミック お母様)
  • 素敵でした。手の見える位置に座らせていただきましたので、感動でした。プログラムも何曲も弾いていただき満足でした。(ピアノ お母様)
  • 素晴らしい生演奏に触れ、感動する機会を与えていただき、いつも楽しみにしています。(ピアノ お母様)
  • いつも連弾の迫力に圧倒されます。ラフマニノフの他のバリエーションも聴きたいです。(ピアノ お母様)
  • 先生たちのプログラム『Noel De Quatr-Mains』の中に、自分たちが連弾で弾いた曲がでていたので良かった。(生徒本人)
  • 子どもでも知っている曲からリストの名曲など、大人も子どもも楽しめる曲で良かった。(ピアノ お母様)
  • X'masの曲が良かったです。子どもが知っている曲が多い方がいいかな~と思いました。(ピアノ お母様)
  • とても素敵でした。子どもたちの憧れになると思います。(ピアノ お母様)
  • 先生の演奏は何度聴いても本当に癒されます。(ピアノ お母様)

4.今回のコンサートを乗り越えてお子様に変化は見られましたでしょうか。ご意見、ご感想などお聞かせください。

  • いつも本番では演奏が平坦になってしまいます。本人は練習すれば上手くなるという事を実感したようです。(ピアノ お母様)
  • 目標に向かって頑張ること、発表会がうまくいって達成感を味わうことができて良かった。(ピアノ お母様)
  • 家での練習とは全然違う姿に感動しました。子どもたちは…一仕事を終え、気が抜けています(苦笑)(ピアノ お母様)
  • 「せんせい(せんしぇい)」と言えるようになりました。また歌を歌うようになったり、積極的に発言するようになりました。(リトミック お母様)
  • 緊張している顔を見ることができました。家族全員でピアノの発表会を楽しむことができました。お友達とのベル演奏も本人はもちろん、とても良い経験になりました。私たちも見ていて子どもの性格に気づくことがあり良かったです。(ピアノ お母様)
  • 発表会の目標を持って難しい曲にチャレンジ出来たことにより、本人自身も頑張りを感じて自信に繋がったようです。(ピアノ お母様)
  • 6月からレッスンしていただいて全く時間の無い中、間違えず堂々と演奏出来たことが、立派に思いました。(ピアノ お母様)
  • 本人の自信もそうですが、いつも”出来ない”ことの繰り返しでしたが、コンサートを経験したことで自分でも”出来る”という何かがわかったように思います。(ピアノ お母様)
  • 本人に発表した自覚があるかはわかりませんが、お兄さんお姉さんの演奏するのを見て、ピアノを弾きたいという気持ちが大きくなったようです。家でもおもちゃのピアノでポロンポロン弾いています。(リトミック お母様)

5.通常レッスンについてのご意見、ご感想、ご要望をお聞かせください。

  • 曲が長くなってきたこともあり、レッスンの時間が足りないと思うことがあるようです。(ピアノ お母様)
  • ものすごく楽しい。もっと次はいろんな曲を弾きたい。(生徒本人)
  • 下の子について、現在は毎日つきっきりで練習しています。自力で出来る宿題にしていただけると助かります。(ピアノ お母様)
  • いつも楽しく学ばせていただいております。近頃イヤイヤ期に入り、なかなか思うようにレッスンが進まないと思いますが、宜しくお願い致します。(リトミック お母様)
  • まさか半年で左手も動くようになるとは思いませんでした。発表会ロスにならないようまた頑張っていこうと思います。集中力も少し足りませんので、先生にご迷惑をかけっぱなしでお気遣いありがとうございます。さすが指導力がおありで納得して通わせていただいております。感謝しております。(ピアノ お母様)
  • この頃は練習不足でのレッスン通いでしたが、先生は娘に寄り添って指導してくださり感謝申し上げます。(ピアノ お母様)
  • これからもどうぞ宜しくお願い致します。(ピアノ お母様)
  • 少し難しくなると”嫌”という気持ちになってしまうようなので、無理矢理やらせてしまう母親の気持ちが強くなってしまったり…。なのでその様な時は、先生にお任せしたいと思います。これからもお体に無理をなさらないでくださいね!(ピアノ お母様)
  • わがまま放題ですが、毎週毎週とても楽しみにしています。保育園でもリトミックの話を先生やお友達にしているようです。(リトミック お母様)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 お忙しい中たくさんのご意見やご感想などをお書きいただき、本当に感謝申し上げます。

 今回のコンサートはもちろんのこと、通常レッスンは特に保護者の方のお力添えがなければ成り立ちません。ピアノはスイミングなどのように通うたびに上達していくのではなく、自宅で練習してその成果をレッスンで発揮し、また課題を見つけ自宅で練習する、その繰り返しです。子どもたち自身、自分でしっかりと課題を見つけ、その課題に向かってどう取り組めば良いかを考え、自分なりに工夫をして練習に取り組む力が必要不可欠となってきます。

 幼い子どもたちには練習が酷なこともあるでしょう。そんな時、保護者の方は本当に悩まれると思います。ピアノを続けるかどうか、自分から練習に向かわないなら辞めた方が良いのだろうか、無理矢理やらせて意味があるのだろうか、無理強いしたら音楽が嫌いになってしまうのではないか…。習い始めた頃は比較的易しい課題なので、進むことが嬉しく練習を欠かさずやってくる子も、少しずつ難しくなってくるとすぐに出来ないことが増え、出来ないことへのもどかしさから苛立つことも、親子喧嘩となってしまうことも少なくないと思います。お母さんお父さんは1番近い存在で、愛する我が子だからこその葛藤も痛いほどわかります。

 しかし、どんな道でもそうですが、楽しいと感じるまでには辛く険しいことを乗り越えて、また壁にぶつかって…その繰り返しで成長していくのだと思います。音楽の世界も、一見華やかなように感じられますがその華やかなステージの裏には1日何時間も弾き続けて弾き続けて…その先にあるのがステージです。私も経験がありますが、練習はやはりやりたくない、というか逃げたい日もあるのです(笑)そんな気持ちを再び奮い立たせてくれるのは、いつも母でした。いつもどんなときも母は私の応援団長であり、味方であり…優しくそして時には厳しく、励まし続けてくれました。母がいなければ私はこの道に進むことは出来なかったと思います。音楽の道に進まなくても、目標に向かって努力すること、人前で注目を浴びながら自分の力を出し切ること、力を出し切る為には何が必要なのかを自ら考え行動すること…これらのことは音楽の道以外でも必ず生きてくる、必要な力ではないでしょうか。 

 今後も保護者の方のお気持ち、そして何より子どもたちの思いを伺いながら、これからもレッスンを続けていこうと思います。至らぬ点も多くあるかと思いますが、私も子どもたちと一緒に成長をしていけたらと思っております。今後ともMisuzu Music Houseを宜しくお願い致します。

 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ(*^^*)

2016年12月13日

Misuzu Music House 『第1回みんなのコンサート』無事に終えることができました♫ 2016/11/28

 先週は関東でも初雪が観測され、11月の積雪は観測史上初めての地域も多くあったようです。

私もレッスンがお休みになり、発表会の準備をしたりピアノを弾いたり…おうちから一歩も外に出ることはなく窓から雪を眺めておりました(^^)

 さて昨日11月27日(日)はMisuzu Music House第1回みんなのコンサートが開催されました♫

当教室は今年4月に開校致しましたので、わずか8ヶ月で発表の場を設けることは拙速かとも思いましたが、生徒の皆さんの日々の成長を是非ご覧いただきたいとの思いが強く、開催させていただく運びとなりました(*^^*)この「みんなのコンサート」とは、演奏し発表する生徒さん1人1人が主役であり、輝ける場であってほしいとの願いを込めて名付けさせていただきました。

 リトミックの発表から始まり、ピアノソロ、ミュージックベル、連弾…講師演奏の後は会場にいる皆さんで合唱をして会を締めくくりました♫

 生徒さんの半数以上はピアノを一から始めて、半年ほどでの発表会。それでもソロと連弾、ソロとベルでの演奏と2ステージを踏んでもらいました。子どもたちの成長には本当に驚かされるばかりで、キラキラ輝きながら演奏する姿を見てうるうるきてしまいました(;;)

 これからも生徒さんたちとともに、講師の私もMisuzu Music House教室としても更なる成長をしていくために、精進して参ります!まずはまた来年、第2回みんなのコンサートを開催できるよう頑張ろうと思います(*^^*)♪

2016年11月28日

Misuzu Music HouseもX'mas一色に☆ 2016/11/1

 日に日に秋が深まり、各地で紅葉も見頃を迎えてまいりましたね。

私は先日山梨県の昇仙峡へ行ってまいりました。残念ながら紅葉は見ることができませんでしたが、新鮮な空気とマイナスイオンを感じて帰ってきました(*^^*)

 

 さて、Halloweenも終わり、教室もX'masに模様替えです♫

今月27日はMisuzu Music Houseにとって、そして多くの生徒さんたちにとっても初めての発表会、

″第一回 みんなのコンサート″があります。生徒さんはステージに向けて練習に励んでいます(^^)♪

今回はリトミック・ピアノソロ・ピアノ連弾・ミュージックベルを盛り込んだプログラムです。最後にYuu Music Houseの諏訪優さんをお招きし、講師演奏を行います。

 私も自分の教室での発表会は初めてのことなのでドキドキですが、生徒さんたちにとって最高の1日となるように、最高の舞台となるように、講師として精一杯務めたいと思います!

 もし当教室にご興味がお有りの方がいらっしゃいましたら発表会にもお越しいただけますので、お気軽にご連絡ください♫

IMG_7817.JPG alt="つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。教室内もX'mas”IMG_7831.JPG alt="つくばみらい市にあるピアノ・リトミックの音楽教室Misuzu Music House。教室内もX'masに模様替え☆"

 

2016年11月01日

家庭教育学級で親子リトミック♫

 だいぶ秋らしく、涼しく心地よい風が吹くようになりましたね(^^)

今日はつくば市くきざき児童センターにて、家庭教育学級の親子リトミックの講師として伺ってきました!

 0歳児のお子様から4歳児のお子様まで、ピアノに合わせて体を動かしたり、四分音符のビートを感じて歩いたり、おさんぽ中に色々動物がやってきてなりきってみたり…お母さんと一緒にたくさん触れ合いながらリトミックを通して楽しく活動しました(*^^*)

 リトミックを初めて体験なさる方もたくさんいらして、”初めて”が楽しく良い体験になっていただけたら嬉しいです♫

 

 この様な素敵な出逢いをいただき、担当していただいた方々に本当に感謝です。

これからもリトミックの楽しさ、良さを多くの方々にお伝えできるよう、私も日々精進してまいりたいと思います(^^)♫

2016年10月11日

STEP1 今日のレッスン♫

 今日は少し蒸し暑いですが少しずつ秋の訪れを感じられるようになってきましたね。我が家の玄関も秋一色になりました(*^^*)

IMG_7005.JPG alt="Misuzu Music House玄関も秋を感じられるようになりました"

 

 夏からSTEP1に通ってくれている女の子。はじめは少し人見知り・場所見知りをしていましたが、このところはニコニコ笑顔で来てくれます!前回やったことをしっかり覚えていて、まだおしゃべりは上手に出来ませんが「これやる!」「これやって!」と身振り手振りで教えてくれます。(あとはその教具を自分で持って来てくれます。)

 お母様に「前回できなかったことが1週間経つと出来るようになっていて、こどもの成長には毎回驚かされるし、その成長が嬉しい!」とおっしゃっていただきました。その様なことをいっていただき、私にとってもとても嬉しいお言葉でした。

 今日は前回も行った”りんご”を使ってみました。

IMG_1gif alt="Misuzu Music HouseリトミックレッスンSTEP1"

 

 実は初めてこのりんごの木を見たときには、なぜか怖がってしまって近づくことも出来なかったんです! それが前回から触れるようになり、今では自分でりんごを付けることもできます。

 




IMG_6875.JPG alt="Misuzu Music Houseリトミックレッスン♫りんごの木"

 りんごの木。木もりんごもマグネット付き。

IMG_6860.JPG alt="Misuzu Music Houseリトミックレッスン♫新しく仲間入りした教具"

 新しく仲間入りした教具たち。色の三原色からできている3色積み木もSTEP1は大好きです!

 

 最後に、自分でカバンを持ってパシャリ☆

リトミックにご入会のお子様にはプレゼントで差し上げています☆小さなからだで一生懸命持っている姿はなんとも可愛く微笑ましいです(*^^*)

体験レッスンや見学などご興味のある方はご連絡ください(^^)お待ちしております☆

2016年09月26日

研修2日目♫モンテッソーリ教育・1歳児研修

 リオオリンピックも閉会式が終わってしまいましたね。

リオから東京へ…その壮大なステージに釘付けでした!大きな日本の国旗が映し出され、様々な国の言葉での「ありがとう」の文字、そして総勢50名によるダンス、光の□■□■がまさか東京オリンピックのエンブレムになるだなんて…!!!

 振り付けをMIKIKOさん、音楽・プロデュースを椎名林檎さんが担当、そしてプロのダンサーの中に青森大学男子新体操部のメンバーが20人もいたと聞き、若い世代の力が結集した素晴らしい閉会式だったと感動しました。また、映像の演出も面白かったですね(^^)まさか、マリオが安倍首相になるだなんて(。>U<。)日本を代表する文化が詰まった演出で、一層2020年が楽しみになりました!

 

 さて、土曜日に引き続き、昨日も新宿で研修でした!

午前中は″モンテッソーリ教育について″、午後は″1歳児研修″。リトミック研究センター兵庫第一支局支局長である辻久子先生による講義をたっぷり6時間受けさせていただきました!

 モンテッソーリ教育とリトミック。一見違う教育法だと思われがちですが、実はリトミックの創始者であるスイスの作曲家・音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズ(1865~1950)とモンテッソーリ教育の創始者であるイタリアの教育家マリア・モンテッソーリ(1870~1952)は同世代に生きた教育家だったのです。その当時からお互いにお互いの教育法に興味を抱き、交流があったと文献にも残っているようです。

 モンテッソーリは、イタリアローマ大学にて女性で初めての医学博士を取得し精神科医として働き、その中で生理学や人類学などの観点から「子供の観察」を通して独自の教育法を構築したのです。モンテッソーリ教育とは、こどもは「自分でしたい、自分でできる」という事実を発見し、その為の環境を整え、その物事を一人でできるよう援助をし、こどもの生きる力を最大限に引き出す教育法です。

 発達の第一段階(0~6歳)のこどもには「何かに強く興味を持ち、集中して同じことを繰り返す時期」があり、この乳幼児期だけに現れる特別な期間を「敏感期」としました。敏感期には「感覚の敏感期」

「言語の敏感期」など11種類あると言われています。「秩序の敏感期」は1歳半~2歳半に強く現れ、場所・順番・やり方などに細かいこだわりを持ち、それがひとつでも違うと手がつけられないほど泣き出してしまう…俗に言うイヤイヤ期がこの秩序の敏感期と重なるんです。今までは何も嫌がらずにいたお子様が急に何でもイヤイヤするようになり、心配になったり困ってしまったりする保護者の方も多くいらっしゃると思います。ですが、それはお子様の成長にとって、とても大切な期間であることをご理解いただき、その上でお子様を見ていただくといつもとは何か違った感情でみることができるのではないでしょうか(^^)

 また最もリトミックと関係が深いのは「感覚教育」だと辻先生はおっしゃっていました。

3歳までは五感をフル活用して身の回りのものを全て無意識に吸収していきますが、3~6歳頃に五感が著しく発達する敏感期があり、3歳以降はこれまでに環境から吸収してきたたくさんの刺激を分類・整理し、言葉と結び付けていく(抽象化する)という段階に入っていくようです。

 よく観察して自分の手で触り、並べたり積み上げたり比較しながら《対にする》《段階付ける》《仲間分けする》ことで感覚を洗練させ、無意識のうちに考えたり判断したりする知性の土台作りをしていきます。これらのことを何度も繰り返し体験することで、五感を通して微妙な違いや差に気づき、表現できる豊かな感性が育まれるのです。

 その感覚教育において様々な教具もあるとご紹介いただきました!

【視覚】寸法(大きさ)

  • 赤い棒…主に長さの概念を育む
  • 桃色の塔…主に高さの概念を育む
  • 茶色の階段…主に太さの概念を育む

他にも様々な感覚教具があるのですが写真に収めてきたのはこの3種類です(^^)

【触覚】【聴覚】【味覚】【嗅覚】五感全ての感覚を育み、表現豊かな感性へと繋げていく教具がたくさんありました。どれも一見おもちゃのようですがきちんと目的や意味があり、正しい先生の提示の仕方があり(こどもは観察して学ぶ)、そして自分たちもできる!できた!のドキドキわくわくが掻き立てられる、とても素晴らしいものばかりでした!

 

 1歳児研修は教本に基づきながらお話していただきました。この教本を作られた辻先生ご本人から直接お話を伺うことができ、先生の込められた想いや、なぜこの時期にこのような課題なのか、などお話いただきました。学んできたことを少しでもお子様や保護者の方にお伝えできるよう頑張ろう!と思います(*^^*)

 

 リオも雨がすごかったですが日本も台風の影響が各地で出ていますね…。どうか皆様ご無事でありますように。

 

2016年08月22日

(株)AIGRAN あい保育園 全国研修会

 熱いオリンピックもいよいよ最終日に近づいてまいりましたね(^^)

 様々な競技でたくさんの日本の選手が活躍している毎日…。大きなプレッシャーもある中、自分自身を信じ、自分の力を信じ、持てる力を全力で出し切り結果を残していく選手たち。この一瞬に輝くため、毎日毎日辛い練習に耐え続けてきたんだと思うと、笑顔や涙の裏の努力が並大抵ではないことが痛いほど伝わってきます。私にはテレビ越しに声援を送ることしかできませんが、すべての選手にとってこのオリンピックが良い経験となっていくことを願っています。

 

 さて上記のとおり、今日は(株)AIGRANの経営する保育園、あい保育園のリトミック講師が北は青森、南は静岡(それ以南の先生方は来週)から東京新宿に集まって2日間に渡り研修会を行うこととなり、今日はその初日でした。

 私が毎週リトミックの出張レッスンに行かせてもらっている園ですが、本社が広島にある、ということ以外正直どんな会社なのかは知りませんでした。

 初めてお目にかかる代表取締役である重道泰造さんの会社への思い、そして保育事業への熱い思いを伺うことができ、私にとってもとても良い機会でした。何より保護者の方々が抱えているであろう日々の苦悩を受け止め、辛い気持ちではなく生き生きと仕事と子育てを両立してもらいたい、そしてそのお子様にも保護者の方の仕事を誇りに持つようなお子様に育ってほしい、と強くお話されている重道代表の姿はとても印象的でした。

 そのような素晴らしい理念をもった園に、リトミックを通して関わらせていただいていることは本当に幸せだなと感じましたし、責任と大義を持って指導にあたらねばいけないとあらためて強く思いました。

 日本の今後へ何かしらのかたちで貢献できるよう、私自身も日々精進していこうと思います!

 明日は″モンテッソーリ教育について″、そして″1歳児の指導について″の研修を受けてきます。今から楽しみに、しっかり学んでこようと思います(*^^*)

2016年08月20日

保育園の女の子から・・・♡

 心配していた台風も去り、台風一過!今日は一段と暑かったですね(^^;)

お盆のお休みがあり、2週間ぶりとなる保育園リトミック♫

リトミックの教室に着いた途端、3歳児クラスのある女の子からプレゼントをもらいました!

 

IMG_8gif alt="Misuzu Music Houseリトミック講師が保育園で週1回のリトミックレッスン♫保育園の女の子からプレゼントをもらいました!"

 (一生懸命書いてくれた四分音符。ずっと渡したくて担任の先生が預かっていてくれたそうです♡)

 

  今3歳児クラスでメインテーマとして行っている、模倣活動からより音楽的に理解を深めていくレッスン。2歳児クラスまでは主に…

  • 大きな動物(くま・ぞう・くじら・ライオンなど),動きの遅い動物(かめなど)
    上り坂を歩く,そ〜っと歩く etc.                    二分音符
  • 中くらいの動物(うさぎ・犬・たぬき・カエルなど),おさんぽで歩く etc.  四分音符
  • 小さな動物(りす・ねずみ・小鳥・小魚など),ちょっと急ぐぞ!走る etc.  八分音符

 まだまだ様々な活動がたくさんありますが、動物など動きをイメージし、音楽を聴いてどのような動きが適切なのかを瞬時に判断して行動に移す…ということの繰り返しを、2歳児クラスまでにたくさん行っていきます。

 その模倣活動が音符として結びつけることができるかが、3歳児クラスの今、最大の課題なんです。

音符を初めて見せたのが8月最初のレッスン。そこから2週間ほどで書いてしまうまでになりました!!!

もちろん、まだ音符を正確に理解できるようになったわけではないですが、音を聴いただけで音符を判断できるようになったこどもたち。これからの更なる成長が本当に楽しみです☆(*^^*)


 週1のレッスンを継続して行ってきたこどもたちの成長をみることができた今日、とても嬉しく心がほっこりした1日でした(^^)♫


2016年08月18日

4月から始まった教室…♫

 2015年8月につくばみらい市に越してきて早くも1年が経ちました。そして2016年4月から始まりましたMisuzu Music House♪は、とてもとてもありがたいことに、8月現在で10名の生徒さんにお通いいただけることになりました(*^^*)

 数ある教室の中から当教室をお選びいただきましたことに心から感謝申し上げます。

 これからも楽しく音楽と共に学びをお伝えできればと考えております♫
今後ともMisuzu Music Houseを宜しくお願い致します。

 

 また、リトミック・ピアノの体験レッスンは随時行ってまいりますので、ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください(^^)

 

IMG_5997.JPG alt="つくば市のホールで開催しますコンサート、音のプラネタリウム♫ピアノ・ソプラノ・クラリネット・エレクトーンの様々な音色によるプログラム☆″

 

こちらもチケットをご用意しております!

ピアノソロ・連弾、ソプラノ(声楽)、クラリネット、エレクトーンとキラキラと輝く音楽を様々な音色でお楽しみいただけるプログラムとなっております☆

 

お問い合わせはこちらまで(^^)

細谷:0297-50-0053☎

↑こちらからもお問い合わせいただけます♫

2016年08月08日

☆七夕☆

 

 このところ涼しく過ごしやすかったのですが、今日は暑さが戻ってきましたね(^^;)
でも星空にいる彦星様と織姫様には嬉しい1日になるでしょうか…☆

 Misuzu Music Houseのこどもたちにも七夕のお願い事を短冊に書いてもらいました。
みんな素直で可愛くて…こんなこと考えていたんだなぁ~、こんな夢があるんだぁ!と、その子の再発見をすることも多くありました。これから色々な経験をたくさんして、大きく大きく成長していってもらいたいです。そしてそのお手伝いが少しでもできるよう、私自身も成長していきたいとあらためて強く思いました。

 

 下の☆お星さま☆は、毎週行かせていただいている保育園のこどもたちへ活動の最後にプレゼントしたもの。大切そうに手のひらに包んで持っている子、お友達同士で見せ合いっこしている子たち、お星さまを持った手を空に向けて「お星さまがふってきた!」と話してくれた子…みんなキラキラおめめで教室に戻っていきました。
 帰り際に園の先生が、「○○ちゃんが嬉しそうに見せてくれましたよ~」と教えてくれ、益々嬉しくなりました!

 幼い頃から四季折々の自然や日本古来の行事を感じながら活動することは、豊かな感性を育むためにとても大切なことだと考えています。美しいものを感じ取る「心」を育てる、これもリトミックの重要な役割なんだと思います。

 

 

 とても嬉しいことに、このところチラシやHPを見てくださった方々の体験レッスンが増え、教室の生徒さんも少しずつ増えてきました(*^^*)ご両親の思い、ご本人の思いを大切に受け取り、音楽を通して共に歩んでいきたいと思います。

 



☆玄関に飾っています☆

image 19.JPG ="Misuzu Music House2016年☆七夕飾り"

☆保育園のこどもたちへプレゼント☆

image 20.JPG ="保育園のこどもたちにプレゼント☆"
2016年07月07日

保育園へ出張リトミック♫

 昨日、つくば市にある公立保育園にて出張リトミックを行ってきました。
1歳児のお子様から年長さんの5歳児クラスまで、リトミックを通してたっぷり触れ合ってきました。
 総勢120名ほどの園児たち、はじめは緊張気味で動きなど硬く感じましたが、少しずつ表情もニコニコ、元気いっぱいの声に変わっていきました!

 1歳児の子供たちも音楽に合わせてお返事したり、体を揺らしたり、手を打ったり…♫小さな体を大きく使って表現していました。

 2,3歳児クラスは様々な動物になりきってたくさん動きました。この音楽は何の動物かな?聴いた音楽を瞬時に聴き分け表現する、即時反応力や判断力・決断力、表現力や創造力など様々な力を養っていきます。

 4,5歳児クラスは拍子の聴き分けからスタート。はじめは言葉で反応していましたが、少しすると音楽だけで聴き分けて手を打つ子達も!暑い夏にぴったりの海の活動では、クラスごとに役割を決めてより難しい聴き分けに挑戦。集中力を高めながら楽しく真剣に取り組む子供たちのお顔はキラキラと輝いていて、私もたくさん笑顔パワーをもらいました。

 

 ピアノの生徒さんのお母様からご依頼をいただき実現した出張リトミック♫
 素敵な出逢いに感謝です(*^^*)

2016年06月21日

第2回ホームコンサート、無事に終了しました♫

 昨日行われたMisuzu Music House第2回目のホームコンサート!こちらを無事に終えることができました。
 今回もゲストに諏訪優さんを迎え、ピアノ連弾の曲を中心に演奏させていただきました。30名を越えるたくさんの方々にお越しいただき、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
 最後は会場にいらした皆様と一緒に手拍子をしながら、楽しくコンサートを締めくくりました。
お越しいただきました皆様、ありがとうございました!

 今後も定期的にコンサートを行ってまいりますので、お気軽にいらしていただければ嬉しいです。

 

 次回はつくば市手代木にある木のぬくもりでいっぱいのアットホームなホールでのコンサートを予定しています♫ 声楽・クラリネット・エレクトーン・そしてピアノ…
5人の音楽家たちでお送りするプログラムは『宇宙・自然を題材にした曲』をテーマとしています。こちらもどうぞお楽しみに☆☆☆

 

 

2016年06月13日

Misuzu Music Houseオリジナルレッスンバッグ♪プレゼント

image


だいぶご無沙汰の更新となってしまいました(^^;)

 

まずは…2016年4月から無事に教室を始められました!

たくさんの方々にご尽力いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも多くの方々にピアノの楽しさ、リトミックの魅力をお伝えできるよう、私自身も日々努力していこう!とあらためて感じている今日この頃です(*^^*)

 

さて、上のバッグ…♡

実は教室開設にあたり、オリジナルのレッスンバッグを作っちゃいました!

ピアノに入会いただいた方にプレゼントしています。

色は白・水色・ピンクの3色です♪

生徒さんたち、気に入ってくれると良いなぁ~なんて考えながらデザインしました☆

まだ商品が届いていないので、バッグの到着&生徒さんにお渡しした反応が今から楽しみです♫

届きましたらまたお写真載せたいと思っています!

お楽しみに…(。>∀<。)

2016年04月16日

お母さんセミナー♫

 2月21日・28日の2日間をかけて、リトミック研究センター理事であり、千葉第一支局の田口葉子先生の母親セミナーを受講してきました。

 「これからのお子さま」と「これからのご自分」を考えるひとつの機会となれるよう、主にSTEP1、
STEP2のレッスン後に10分程のお時間でリラックスしながらお話できればと思っております(^^)

 田口先生から溢れる優しい言葉と思いをひとりでも多くの方々にお伝えできるよう、これからも学び続けていこうと思います。

 講習の最後に、槇原敬之さん作詞のSMAPの代表曲「世界にひとつだけの花」を講習者全員で歌った時には…なぜか自然と涙が出てきてしまいました。


「みんなオンリーワン」

筑波大名誉教授の村上和雄さんの言葉です。あらためて素敵な言葉だと心に染みました。

 

2016年02月28日

ブログ始めました♪

 はじめまして。Misuzu Music House細谷美寿々と申します。

あまりブログなどの文章を書くのが得意ではないのですが、少しずつお教室であったことなどをお伝えしていければと思っております。

 お教室としてレッスンはまだ始まっていないのですが、昨年12月にこちらのお教室でX'mas Concert

を行ったときのことを少し書かせていただきます♪

 

image2.png alt=”Misuzu Music House X'mas Concert”image3.png alt=”Misuzu Music House ピアノコンサート”

 千葉県にお住まいで、ルピナスの一員でもあるYuu Music House主宰の諏訪優さんにお越しいただき、ピアノ連弾&ソロのプログラムによるコンサートを開催致しました。

 このようなチラシをお配りさせていただいたのですが、当日お集まりいただいた人数はお部屋に入りきらないほどの超満員!お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。お電話をくださった方や数日後にアンケートをポストに入れてくださった方もいらして、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 しかし、皆様がお席につくことができなかったこと、そしてコンサート終了後に皆様ときちんとご挨拶ができなかったことなど配慮が行き届かなかったことも多々ありましたので、今後は今回の反省を生かしてまいりたいと思います。

 次回のホームコンサートは5月頃、Spring Concertを開催予定ですので、また詳細が決まりましたらお伝えさせていただきます。

2016年02月15日